3月8日は「国際女性デー」 日本における「女性の働きやすさ」は29ヶ国中27位

3月8日の「国際女性デー」に際し、英国のエコノミスト誌は経済協力開発機構(OECD)加盟38ヶ国中29ヶ国を対象に、2023年の「女性の働きやすさ」を比較した調査結果を公開しました。この調査で日本は2022年よりも1つ順位を上げたものの、依然として29ヶ国中27位という低い位置に留まっています。

特に女性管理職の割合においては、日本は14.6%と最下位で、OECD平均の34.2%に大きく遅れをとっています。また、女性役員の割合でも18%と下から3位、性別平均賃金差に関しても女性が男性よりも21.3%少ないという結果が出ています。

北欧諸国がランキングの上位を占める中、1位アイスランド、2位スウェーデン、3位ノルウェーといった国々は女性の働きやすい環境が整っていることが示されました。一方で、日本は韓国やトルコとともに「職場で大きな障害に直面している」と評価されています。

また、同誌は「北欧諸国がいつも上位に並ぶが、下位の国も見慣れた顔ぶれだ」と分析しました。この調査結果は、日本における女性の働きやすさを向上させるためには、まだ多くの課題が残っていることを浮き彫りにしています。

「国際女性デー」とは?毎年3月8日に開催

国際女性デーは、世界中で勇気と決断をもって素晴らしい役割を果たしてきた女性たちを称える日です。1904年のニューヨークでの婦人参政権を求めるデモが起源であり、1975年に国連によって毎年3月8日に制定されました。

イタリアでは「ミモザの日」として知られ、女性たちへの感謝の象徴としてミモザの花が贈られます。この習慣は、母親や妻、友人、そして会社の同僚など、生活の中で大切な女性たちへ愛や幸福を伝える美しい方法とされています。

日本でも国際女性デーは「HAPPY WOMAN FESTA」として知られ、ジェンダー平等に関する意識を高め、男女共にアクションを起こす日と位置付けられています。2024年度のテーマは、「女性に投資を。さらに進展させよう」です。女性の潜在能力の解放と、社会全体の進歩を促すメッセージが込められています。

東京都の公式サイト「国際女性デーに寄せて小池知事のメッセージを公開」では、「私は常々、日本の最大の未活用エネルギーは女性のパワーだと言ってきました」「みんなで、『人』が輝く未来を切り拓いてまいりましょう」など、小池知事からのメッセージが公開されています。ネット上では「女性の声や気持ちをもっと尊重するべき」「欧州の考え方を真似する必要はない」「なんで女性だけ?国際男性デーってないのかな?」などの感想がみられました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 大阪市は27日、小林製薬に対して健康被害の報告を受けた「紅麹コレステヘルプ」など3種類のサプリメント…
  2. JR東海は「リニア中央新幹線」の2027年の開業目標を公式に断念しました。会社では静岡の工事に約10…
  3. 東京農工大学の高田秀重教授率いる研究グループは、国内で採取された人々の血液内に、直径千分の1ミリ以下…

過去よく見られている記事

  1. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…
  2. 東京報道新聞が取材した青森刑務所でムショ飯の献立を考える管理栄養士さん

    2024-1-29

    刑務所の食事ってどんなもの?青森刑務所の管理栄養士に聞く令和の「ムショ飯」

    刑務所の中の食事というと、”臭い飯”というイメージを持っていた人もいるかもしれませんが、最近では「務…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-25

    忘れてはいけないもの

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「忘れてはいけないもの」(ライター:ホワイト…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る