迷惑系YouTuber「ジョニー・ソマリ」が逮捕 松野官房長官が迷惑系を批判

イスマエル・ラムジー・カリド容疑者(23)が、21日に建造物侵入の疑いで逮捕されました。彼は、迷惑系YouTuber「ジョニー・ソマリ」として知られており、逮捕時には報道陣に向かって手を振っていました。

イスマエル・ラムジー・カリド容疑者は、「弁護士が来るまで何も話さない」とコメントしています。先月の30日に、大阪市内のホテル建設現場に無断で侵入した疑いが持たれています。

覆面をつけて敷地内に侵入する様子をインターネット上で配信し、工事の管理会社が被害届を提出。動画の撮影者もまた、建造物侵入の疑いで逮捕されました。

イスマエル・ラムジー・カリド容疑者は以前から、日本国内で数多くの迷惑行為を繰り返しています。彼が配信していた動画には、運送会社のトラックに無許可で乗り込みスイカを食べたとみられる様子や、大音量で音楽を流し電車内でダンスをするといった様子が映されています。

これらの迷惑行為について、松野博一官房長官は、「YouTuber等の発信する方々に対しては、もちろん大前提として自由を確保していかなければなりませんが、その中において他人のプライバシーの侵害であったり、迷惑行為というのは当然のことながら控えていただかなければなりません」と述べました。

ネット上では、「きっちりと取り締まる方法を考えてほしい」「SNS事業者側に対する責任も考えないといけないのでは?」「こういう人がこれからも増えるのかと思うと心配になります」などの意見が寄せられています。

繰り返す迷惑行為で出入り禁止の店も

イスマエル・ラムジー・カリド容疑者は日本で連続して迷惑行為を展開し、その一部始終をネット上に公開しました。コンビニエンスストアで音楽を大音量で流し、声を荒げて店員に暴言を吐き、千円札を放り投げるという行為も見せました。

その他にも、大阪・新世界の飲食店でスマートフォンから不愉快な音を流し続け、「俺に触るな、俺に触るな」と発言しています。イスマエル・ラムジー・カリド容疑者は繰り返し店を訪れており、その後出入り禁止にされています。

イスマエル・ラムジー・カリド容疑者はこのような迷惑行為をすることで知られており、多くの店から出入り禁止にされていたとのことです。街中で日本人に対し、「原発」などの侮辱的な発言も繰り返していたとの報告もあります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「初期臨床研修医は平均年収435万円 研修医の平均年収と医師の働き方改革2024 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医師の世界も2024年4月から厚生労働省による「働き方改革」が施行されました。医師の「働き方改革」と…
  2. 京都大学発のスタートアップであるトレジェムバイオファーマ(京都市)は、9月から歯を生やす抗体医薬品の…
  3. 米国のテクノロジー大手Googleは8日、生命活動の核心をなすたんぱく質やDNA、RNAなどの分子構…

おすすめ記事

  1. 2024-3-7

    伊藤忠商事がビッグモーターを買収 「ビックリモーター」など新社名の予想始まる

    伊藤忠商事がビッグモーターの買収に向けて、企業再生ファンドと手を組んだ契約を締結したことが明らかにな…
  2. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  3. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る