北朝鮮がICBM「火星17」の試射成功を報道 関係国への軍事的な挑発が増す

19日に北朝鮮国営の朝鮮中央通信は、新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」の試験発射が18日に行われ、成功したことを報道しました。韓国側は、前回失敗したと推定されるミサイルを再度発射したとみています。

韓国軍によると北朝鮮が午前10時15分頃、平壌の順安付近から日本海に向けてICBM1発を発射しました。飛距離は1,000キロ程度で、高度は約6,100キロまで達したとされています。

また、日本政府によると、ミサイルは通常より角度をつけた「ロフテッド軌道」で発射され、発射してから約69分後に北海道西側の排他的経済水域の内側に着弾したとみられています。

試射は重要戦略兵器の性能を検証するためだとされており、金正恩朝鮮労働党総書記は「われわれの核戦力は、いかなる核の脅威も抑止できる最強の能力を確保した」と発言しました。

また、「米国と敵対勢力の軍事的威嚇が露骨になっている情勢は、核抑止力向上の実質的加速化を求めている」と述べたあと、米韓などに対しては「われわれへの軍事的対応は自滅だということをより明白な行動で示す必要がある」と強調しました。

ミサイル発射の件について浜田防衛相は、弾頭の重量によっては1万5,000キロを超え、アメリカ本土が射程に含まれる可能性があるとの考えを示しています。

日・米・韓の連携を強めるほど北朝鮮の軍事的な挑発が増す

現地視察をした正恩氏は米国に対し、「敵が脅威を与え続けるならば、核に対しては核で、正面対決には正面対決で応えるだろう」などと警告しました。視察には李雪主夫人と娘が同行したとされており、北朝鮮メディアが娘の動向を報道したのは今回が初めてです。

北海道西側の排他的経済水域の内側に着弾したことについて、岸田総理大臣は「北朝鮮に対して厳重に講義を行った」と発言し、さらには「これまでにない頻度で挑発行動を繰り返している。断じて容認することができない、ということを改めて強く申し上げる」と強調しました。

また、韓国軍はアメリカ軍と共にステルス戦闘機から誘導爆弾による打撃訓練を行い、「挑発に断固対応する」などと北朝鮮に警告を発しています。

しかし、日・米・韓の連携を強めれば強めるほど、北朝鮮の軍事的な挑発はエスカレートするばかりです。正恩氏は、戦略兵器の開発加速やICBM部隊と「戦術核運用部隊」の訓練強化を指示するなど、関係国に対してさらなる挑発を示唆しています。今後の北朝鮮の動きに注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 京都大学高等研究院の斎藤通紀教授らは、ヒトのiPS細胞から卵子の元となる「卵原細胞」を大量に作り出す…
  2. 一関市の会社員・大滝洸氏(27)は手術を受けることなく、女性から男性への戸籍上の性別変更が認められま…
  3. 「教師のサブスク給与 一定額で働かせ放題の年収739万円」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    教師は、子どもたちが「社会」を知るうえで、道しるべとなる大切な職業です。数学、科学、文学などの教科を…

おすすめ記事

  1. 2023-11-16

    「横浜刑務所で作ったパスタ」3,500食が矯正展で完売 受刑者が残業するほどの人気に

    11月の3連休に開催された「第51回横浜矯正展」で、横浜刑務所製のフェットチーネ麺が脚光を浴びました…
  2. 「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所

    2024-4-22

    「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)に懲役9年罰金800万円の判決(2024年4月22日)

    2024年4月16日11時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の判決裁判…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
ページ上部へ戻る