お金持ちはみんな知っている!富裕層が実践する資産管理の3つの特徴

日本は円安や物価の上昇などの影響で、十分な資産を蓄えられていない世帯が増加傾向にあります。しかし、その一方で富裕層と呼ばれる世帯が日本で暮らしているのも事実です。

そもそも富裕層の定義は、調査機関によって基準が異なります。経済産業省では、1つの目安としてNRI(野村総合研究所)の調査を用いて、富裕層を以下の3種類に定義しています。

Knight FrankWEALTH-XCapgeminiNRI
超富裕層30億円以上30億円以上5億円以上
富裕層1億円以上1億円以上1億円以上5億円未満
準富裕層5,000万円以上1億円未満
引用:【調査報告書】 平成30年度 商取引・サービス環境の適正化に係る事業 (インバウンド型のクールジャパン政策の在り 方に関する調査 )|経済産業省

NRIは「日本の富裕層」をあらわしており、そのほか3社の調査機関は「世界の富裕層」をあらわしています。

2019年時点では、超富裕層は8万7,000世帯、富裕層は124万世帯、準富裕層は341万8,000世帯です。調査された世帯数は合計で5,402万3,000世帯なので、超富裕層と富裕層の割合は約2%となります。

富裕層が実践する資産管理の3つの特徴

NRIによると、コロナ禍が超富裕層・富裕層であるオーナー経営者の意識や行動に影響を与えているとされます。NRIが実施したアンケート調査の結果を見ると、富裕層の資産管理には以下3つの特徴があることがわかります。

  1. シンプルでわかりやすい商品を好む
  2. 積極的に情報収集や勉強をしている
  3. 周囲の意見も参考にする

富裕層は意外にも、複雑で難しい商品ではなく、シンプルでわかりやすい商品を好んでいます。シンプルの定義は明らかではありませんが、具体的には、日経平均やNYダウといった株価指数などの指標に連動する運用成績を目指す、インデックス投資信託の商品を選ぶという方法が挙げられます。

また、富裕層はいまある情報だけで資産管理をするのではなく、積極的に情報収集や勉強をしているとのことです。相場は常に動いており、情報の変化が激しい現代では、これまで以上に情報収集の正確さとスピードが求められます。

もう1つの特徴として、周囲の意見を参考にするということが挙げられます。第三者の意見を参考にすることで、自分だけでは見えてこなかったリスクマネジメントにつながり、投資リスクを抑えられるといったメリットがあるのです。

なおこれらの資産管理は、富裕層だけの課題ではありません。これからの時代は、富裕層以外の人たちもNISAやiDeCo、投資方法などの理解を深め、自らの資産を自分たちの力だけで守らなければなりません。

今回の記事をきっかけに、投資管理について一度考えてみてください。

参考:富裕層の資産管理の特徴3選とは【2023年のマネープランを考える】|LIMO [リーモ]

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「日本の医療費は高い?海外の医療システムとの比較について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    日本の医療費は増大の一途をたどっていることをご存知ですか?医療費が増大すると、高齢化社会とともに保険…
  2. IT大手の米Appleが時価総額で再び世界トップに返り咲きました。13日の取引でApple株価は0.…
  3. トヨタ自動車が、2015年に国際オリンピック委員会(IOC)と締結した最高位スポンサー契約について、…

おすすめ記事

  1. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  2. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  3. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る