改正要綱案で「キラキラネーム」に一定の制約 「一般に認められているものに限る」

法制審議会の部会は2日、戸籍法の改正要綱案をまとめました。漢字本来の読み方と異なる「キラキラネーム」をどこまで許容するのかが注目されていましたが、反社会的・差別的となる読み方に一定の制約を設けることになりました。近く法制審総会で最終協議し、2024年度の施行を目指しているとのことです。

今回の要綱案では、戸籍に記載する読み仮名をカタカナで表記すると規定され、氏名の読み仮名は「一般に認められているものに限る」というルールが明記されました。しかし、この「一般に認められる」とは一体どこまでを指すのでしょうか?

そのことについて、同省は「漢字の読み方が社会で受け入れられ、慣用的に使われていることや、常用漢字表や漢和辞典に掲載されていることが基準」とすることを発表。さらに「辞書に掲載されていなくても、届け出人に説明を求めた上で一般に認められていると言えるかどうかを判断することもある」と続けています。

「一般に認められていない」読み仮名と「認められる可能性が高い」読み仮名

「一般に認められる・認められない」の基準が示されましたが、具体例がないとイメージしづらい方もいるでしょう。双方の具体例としては、以下のようなものが挙げられます。

【「一般に認められていない」読み仮名の例】

  • 高(ヒクシ):漢字の意味と反対の読み方
  • 鈴木(サトウ):別人と誤解される読み方
  • 太郎(マイケル):漢字の意味や読み方から連想できない読み方
  • 太郎(ジロウ):読み違いかはっきりしない読み方

【「認められる可能性が高い」読み仮名の例】

  • 騎士(ナイト):漢字と外国語の意味が関連付けられる読み方
  • 星(ヒカル):漢字の意味から連想されるような読み方
  • 朝(トモ):慣例で人名として定着している読み方

なお、これまで「光宙(ピカチュウ)」は漢字との関連性があるとされ、読み仮名として認められる可能性がありました。しかし、今回の要綱案では「人の名前としては違和感のあるキャラクターの名前」に該当し、認められない可能性が高まります。

脳科学者の茂木健一郎氏(60)は要綱案に否定的

茂木健一郎氏は3日、戸籍法改正の要綱案に対し、自身のTwitterで「上から押し付けで余計なお世話」と否定的な意見を発信しました。

また、「そもそも、『漢字』はもともと外国語である中国語由来で、音読みは別として、訓読みはやまとことばの近い意味をひっぱってきてよみがなを振った先人の智慧である」と発言。それに続けて、「その創造性ゆえに日本語は豊かになっているが、『よみがな』が元々はむちゃぶりである本質は変わらない」と指摘しました。

このツイートに対して、「だからといって既存の漢字の読み方を何でもいいに変えたらどうなりますか?」といった批判コメントが一部寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 京都大学高等研究院の斎藤通紀教授らは、ヒトのiPS細胞から卵子の元となる「卵原細胞」を大量に作り出す…
  2. 「利益の少ない小児医療の課題 進まない医療機器開発」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医学の世界でも日々開発されている医療機器。このような医療用の工業製品の開発では製品を作成する工学系の…
  3. 「子どもの自律訓練法 不安緊張やストレスの緩和に有効なトレーニング子どもの自律訓練法 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    心と体をつなぐ神経と言われる自律神経は、興奮したり、ストレスを感じたりした時に優位になる交感神経と、…

おすすめ記事

  1. 2024-5-15

    大阪王将のナメクジ大量発生事件 元従業員が偽計業務妨害罪で起訴

    2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  2. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
ページ上部へ戻る