ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子社長が退任 記者会見には出席せず

ジャニーズ事務所の中核を担ってきた藤島ジュリー景子代表取締役社長(57)の退任が、「週刊文春」によって明らかになりました。

藤島ジュリー景子氏は、創業者であるジャニー氏の実姉、メリー喜多川副社長の長女として知られています。メリー氏の教育方針により、都内のインターナショナルスクールから、スイスの名門寄宿学校へ進み、上智大学へと進学しました。

学業を終えると、フジテレビで数年間勤務した後、家業であるジャニーズ事務所に入っています。1998年には取締役に、そしてジャニー氏の死後には代表取締役社長に昇格しました。

しかし、今年3月にはジャニーズ事務所が英国公共放送BBCのドキュメンタリーで取り上げられ、ジャニー氏の性加害問題が注目されました。さらに4月初め、「週刊文春」は元ジャニーズJr.のカウアン・オカモト氏の被害告白を掲載。これを受けて、主要メディアもこの問題を大きく報道するようになりました。

藤島ジュリー景子氏が謝罪 「心よりお詫び申し上げます」

ジャニーズ事務所は4月21日、取引先企業に対して「問題がなかったなどと考えているわけではございません」といった、藤島ジュリー景子氏のコメントが記載された文書を送付しました。

取引先企業だけに向けて対応したということで、世間からの批判はさらに高まりました。そこで藤島ジュリー景子氏は、5月14日に事務所の公式サイトで謝罪動画を公開。

その動画では、「この度は、創業者ジャニー喜多川の性加害問題について、世の中を大きくお騒がせしておりますこと心よりお詫び申し上げます。何よりもまず被害を訴えられている方々に対して、深く、深くお詫び申し上げます。そして関係者の方々、ファンの皆様に、大きな失望とご不安を与えてしまいましたこと、重ねてお詫び申し上げます」と謝罪を重ねました。

その後、ジャニーズ事務所は性加害問題を調査する「再発防止特別チーム」を設置。その再発防止特別チームは8月29日、記者会見でジャニーズ事務所のガバナンス体制の不備を指摘しました。

ジャニーズ事務所は近日中にも記者会見を開く予定ですが、「ジュリー氏は精神的にかなり追い詰められていて、人前に出られるような状態ではない」とした上で、藤島ジュリー景子氏は出席しないとのことです。

ネット上では、「自分は加害者じゃないとでも思ってるのか?そっと辞めるとかは許されない」「追い詰められているのは事実だろうけど、もっと辛い思いをしたのは被害者だよ」「この方が受けている苦しみなど取るに足らぬこと」など、藤島ジュリー景子氏を批判する意見が多く寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 13日午前、東京都千代田区にあるつばさの党本部が、警視庁の捜査員によって家宅捜索されました。これは、…
  2. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…
  3. 「トクホって大丈夫?6,500億円市場の特定保健用食品との付き合い方」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    特定保健用食品(トクホ)は、1991年に日本で制度がスタートし、国際的にも注目されているブランドの一…

おすすめ記事

  1. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  2. 2024-3-7

    伊藤忠商事がビッグモーターを買収 「ビックリモーター」など新社名の予想始まる

    伊藤忠商事がビッグモーターの買収に向けて、企業再生ファンドと手を組んだ契約を締結したことが明らかにな…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る