米モンタナ州でTikTok禁止法が成立 違反行為1件につき1日当たり1万ドルの罰金

米国政府と中国のバイトダンスが個人情報流出の懸念で対立しているなか、全米初のTikTok禁止法がモンタナ州で成立しました。ただし、バイトダンスは「モンタナ州民の(言論の自由を保障する)憲法修正第1条の権利を侵害している」と反論しており、現時点では訴訟に発展する可能性が高いとのことです。

モンタナ州は17日、中国系動画投稿アプリのTikTokを禁止する法案に署名し、新たな法律が成立しました。モンタナ州議会は個人端末でのTikTok使用を禁じる法案を、54対43の賛成多数で可決。グレッグ・ジアンフォルテ知事は自身のTwitterで、「中国共産党からモンタナ州の人たちの個人情報を守るためTikTokを禁止した」とツイートしました。

2024年1月1日より施行される予定で、Androidの「Google Play」やiOSの「App Store」などのアプリストアからダウンロードされた場合、違反行為1件につき1日当たり1万ドルの罰金が科せられる可能性があります。これは「Google Play」や「App Store」に科せられるもので、アプリを利用する個人には発生しません。

なお、TikTokの運営元であるバイトダンスは、この法案について提訴するとみられています。繰り返し同アプリと中国政府による影響を否定しており、同アプリは「モンタナ州の数十万人」が使用している、と説明しています。

バイトダンスはその上で、「我々がモンタナ州内外でのユーザーの権利を守るために努力している間、モンタナ州の人々には、引き続きTikTokを使って自分自身を表現し、収入を得て、コミュニティーを見つけられる。安心してもらいたい」と述べました。

TikTok禁止法に対してユーザー5人が差し止め求めて提訴

モンタナ州でTikTokの提供が2024年1月1日より禁止されることが決定しました。それを受け、ユーザー5人がオースティン・ヌードセン州司法長官を被告とし、差し止めを求めて提訴しました。

原告らは「州が持たない国家安全保障の権限を行使し、州が抑圧できない言論を抑圧しようとしている」とし、合衆国憲法に違反すると指摘しています。ヌードセン長官の報道官は訴訟を想定していたようで、TikTok禁止法を「擁護する準備が完全に整っている」と述べました。

この1件を受け、ネット上では「モンタナ州の人が可愛そう」「合衆国憲法の表現の自由違反では?」などの意見があがっています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「子どもの自律訓練法 不安緊張やストレスの緩和に有効なトレーニング子どもの自律訓練法 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    心と体をつなぐ神経と言われる自律神経は、興奮したり、ストレスを感じたりした時に優位になる交感神経と、…
  2. DMM.comグループの暗号資産交換業者であるDMM Bitcoin社は5日、グループ内から550億…
  3. 京都大学高等研究院の斎藤通紀教授らは、ヒトのiPS細胞から卵子の元となる「卵原細胞」を大量に作り出す…

おすすめ記事

  1. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  2. 「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所

    2024-4-22

    「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)に懲役9年罰金800万円の判決(2024年4月22日)

    2024年4月16日11時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の判決裁判…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る