トランプ氏の主張を報道した米FOXが約1,000億円の賠償金 ドミニオン社と和解

2020年のアメリカ大統領選挙の報道をめぐり、保守系メディアのFOXニュースと投票集計機メーカーの訴訟は、FOX側が7億8,750万ドル(約1,060億円)を支払うことで和解が成立しました。無責任なメディアの加担には高い代償が伴うと示され、名誉毀損の和解金としては過去最高レベルの額となりました。

2020年の大統領選挙にて、トランプ前大統領陣営は敗北を認めず、「投票集計機が不正操作され、票がバイデンへと付け替えられた」と根拠を示さず主張。FOXはトランプ氏側の主張を繰り返し報道し、疑惑を広めました。

これに対し、投票集計機メーカーのドミニオン・ボーティング・システムズは名誉を傷つけられたとして、2021年3月に損害賠償を求め提訴を起こします。今月18日には審理が始まる予定でしたが、FOX側が一転し、ドミニオン社に和解金を支払う形で和解が成立しました。

FOXは和解の理由について、「裁判所がメーカーに関する一部の主張を誤りだと判断した」ためだと説明しています。なお、もともとドミニオン社はFOXに対し、「誤った情報の無責任な拡散に加担した」として、およそ16億ドルの損害賠償を求めていました。

訴訟では「トランプ氏らの主張が虚偽だと認識しているのか」が焦点

ドミニオン社はこれまで多量のFOX社内の内部資料を提出しており、看板司会者らが私的な会話では「(トランプ派の弁護士は)嘘をついている」「(選挙不正の主張は)常軌を逸している」といったやり取りをしていることが判明。

トランプ氏らの主張が虚偽であると認識していながらも報道を続けた理由として、ドミニオン社は視聴率の低迷を指摘しています。視聴者がほかのテレビ局に流れたと分析した結果、注目を集めるためにFOX側は主張を続けたということです。

訴訟の焦点である「トランプ氏らの主張が虚偽だと認識しているのか」に注目が集まっていましたが、FOXは虚偽の主張であったことを認め、和解の選択を取りました。和解を選択した理由としては、公開の場で経営陣や司会者らが証言しなくてはならなくなる状況を回避したかったため、だとされます。

ドミニオン社の代理人は「嘘の連発がドミニオン社とこの国に危機的な損害を与えた」と強調しました。ネット上では「視聴率のためにフェイクニュースを流すのは報道メディア失格」「ぜひ日本の裁判も見習ってほしい」「日本でもこういったフェイクニュースありそう」などの意見が寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 改正プロバイダー責任制限法が5月10日の参院本会議で可決され、成立しました。この改正法により、SNS…
  2. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…
  3. 「国産初の新型コロナワクチン 遅きに失したワクチン研究開発費67億円はアメリカの1割」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    COVID-19(新型コロナ感染症)が2019年からの感染拡大により、世界中で大きな影響を与えました…

おすすめ記事

  1. 2024-3-7

    伊藤忠商事がビッグモーターを買収 「ビックリモーター」など新社名の予想始まる

    伊藤忠商事がビッグモーターの買収に向けて、企業再生ファンドと手を組んだ契約を締結したことが明らかにな…
  2. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  3. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る