厚生労働省の部会で「飲む中絶薬」が初めて承認 腹痛や嘔吐などの症状も

厚生労働省の医薬品第1部会にて、妊娠を中絶するための経口薬「飲む中絶薬」が、日本で初めて承認を了承されました。厚生労働省は「薬の有効性、安全性に問題があるという大きな指摘はなかった」という意向を示しています。

海外では、こうした「飲む中絶薬」が65カ国以上で使用されています。しかし、国内において妊娠初期の人工中絶の手段は、管で吸い出す吸引法と、子宮に器具を入れてかき出す掻爬(そうは)法の2つに限られており、世界保健機関であるWHOは「かき出す方法は時代遅れだ」と指摘しています。

この点、日本の医師によると、日本の中絶手術の技術は高く、安全かつ短時間で手術が完了するとのことです。そのため必ずしも飲み薬を必要としてこなかった背景があるとし、これまで申請がされていなかったとされます。

今回承認が了承された薬は、イギリスの製薬会社が2021年12月に承認申請した「メフィーゴパック」という錠剤タイプの薬です。妊娠後63日目までの人が対象で、ホルモンの働きを抑制する「ミフェプリストン」と、子宮の収縮を促す「ミソプロストール」の2つを合わせて服用します。

服用時に腹痛や嘔吐などの症状もみられる

国内の中絶を希望した妊婦を対象にした臨床実験では、120人中93%の人が服用後24時間以内に中絶に至りました。59%の人に下腹部痛や嘔吐などの症状がみられたものの、多くは軽度か中程度だったとされます。

薬を飲めばスッと中絶が完了するわけではなく、腹痛や嘔吐などの症状があらわれるため、服用時にはそれらの症状に自身で対応する必要があります。

なおネット上では、「手術を行うと体の負担になるため、選択肢が増えるのはとても良いこと」「やっと日本でも中絶薬が導入されるのか」「これさえ飲めば大丈夫と思わないでほしいな…」などの意見が見られました。人工中絶における手段の選択肢が増えるとして、「飲む中絶薬」が日本で注目されています。

ミフェプレックス(MIFEPREX)に関しては注意喚起される

以前、厚生労働省の公式サイトにて、日本で未承認の経口妊娠中絶薬「ミフェプレックス」に関する注意喚起が行われました。

この薬は米国などで使用される中絶薬で、ときに手術が必要になる出血などの危険性があるとして、米国食品医薬品局ではインターネットや個人輸入により入手することのないよう、注意喚起が行われているとのことです。

ミフェプレックスの一般名は「ミフェプリストン(MIFEPRISTONE)」で、欧州では「ミフェジン(MIFEGYNE)」、中国では「息隠(米非司酉同片)」、台湾では「保諾(Apano)」の商品名で販売されています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. フィンランドの知能テスト機関「Wiqtcom(ウィクトコム)」が発表した「2024年版 世界で最も知…
  2. テーマパーク運営のオリエンタルランド(OLC)が、新たな事業の柱としてクルーズ事業に参入します。同社…
  3. 受刑者のアイドル・Paix²(ぺぺ)の北尾真奈美さんと井勝めぐみさん
    デビュー直後から精力的に矯正施設で「プリズンコンサート」を行い続けている女性デュオ・Paix²(ぺぺ…

おすすめ記事

  1. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 2024-5-15

    大阪王将のナメクジ大量発生事件 元従業員が偽計業務妨害罪で起訴

    2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第5回ライティングコンテスト_結果発表

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

インタビュー

  1. 受刑者のアイドル・Paix²(ぺぺ)の北尾真奈美さんと井勝めぐみさん
    デビュー直後から精力的に矯正施設で「プリズンコンサート」を行い続けている女性デュオ・Paix²(ぺぺ…
  2. 過去に海外で行われたヨガ
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
ページ上部へ戻る