34歳のアタル氏がフランスの新首相に最年少就任 同性愛者であると告白

34歳のガブリエル・アタル氏が1月9日、フランスの歴代最年少首相に就任し、新たな時代の幕開けを告げました。この若き首相の誕生は、エマニュエル・マクロン大統領が勢力挽回を図る戦略の一環と見られています。

ガブリエル・アタル氏は公にゲイであることを明らかにしており、LGBTQ団体からは歓迎の声が上がっています。公に同性愛者であることを公表している首相は史上初です。

ガブリエル・アタル氏はパリの裕福な家庭に生まれ、名門校エコール・アルザシエンヌやパリ政治学院で教育を受け、オランド政権下で保健大臣官房に勤務しました。その後、マクロン大統領が創立した政党「前進!」に加わり、2017年に国民議会議員として初当選。29歳で歴代最年少の閣僚となり、教育相を務めた経験もあります。

教育相時代には宗教的標章の着用禁止法に基づき、公立学校でのアバヤ着用を禁止する決定を下しましたが、これは人権侵害だと批判も受けました。国民議会議員としての初期には、政治経験が乏しい与党の新米議員たちの中で弁舌をふるい、注目を集めました。マクロン大統領の忠実な側近としての地位を築き、2027年のフランス大統領選においてマクロン大統領の後継者として立候補する可能性が指摘されています。

ネット上では、「回りの年長者が助言しつつ、活躍して貰ったらいいだろうなと思います」「若いし、ハンサムだし、第一候補になるのでは」「若けりゃ誰でもいいとは言わないが、若手の政治家も絶対必要だと思う」などの意見が寄せられています。

世論調査では首相就任を53%が支持|「ミニ・マクロン」「分身」

ガブリエル・アタル氏はマクロン大統領に似ていることから、「ミニ・マクロン」や「分身」と称されています。マクロン大統領と同様に、極右政党の台頭に対応して移民に厳しい法律を導入しました。

世論調査では、ガブリエル・アタル氏の首相就任を53%が支持しています。大統領の支持率が27%なので、イメージ刷新に十分貢献していると言えるでしょう。ガブリエル・アタル氏は公に同性愛者であり、リベラル主導のLGBT活動家と距離を置く一方で、右派からの支持は得ています。

マクロン与党の幹事長と長くパートナー関係にあり、世間では「30代のパワーカップル」と呼ばれています。フランスは若い指導者を輩出する歴史を持ち、今回の最年少首相就任もその伝統を継承するものとして注目されています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 世界的な製薬大手ギリアド・サイエンシズが開発したHIV予防薬「レナカパビル」が、第III相臨床試験で…
  2. 13日、ドナルド・トランプ前大統領が選挙集会の演説中に銃撃され、右耳に怪我を負いました。連邦捜査局(…
  3. 「子どもの隠れた才能「非認知能力」 「GRIT」(やり抜く力)について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    学校で学ぶ知識や論理的思考などの「認知能力」は子どもの能力の一端にすぎません。最近は、性格や態度、行…

おすすめ記事

  1. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  2. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第5回ライティングコンテスト_結果発表

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

インタビュー

  1. 受刑者のアイドル・Paix²(ぺぺ)の北尾真奈美さんと井勝めぐみさん
    デビュー直後から精力的に矯正施設で「プリズンコンサート」を行い続けている女性デュオ・Paix²(ぺぺ…
  2. 過去に海外で行われたヨガ
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
ページ上部へ戻る