飲む中絶薬の製造販売を厚労省分科会が了承 実用化は1ヶ月以内か

厚生労働省の薬事分科会は21日、英製薬会社ラインファーマが開発した人工妊娠中絶のための飲み薬「メフィーゴパック」について、製造販売の承認を了承しました。今後、厚労相によって正式に承認される見通しです。

経口中絶薬は世界70以上の国や地域で採用され、世界保健機関(WHO)は安全な中絶方法として推奨しています。厚労相により承認されれば、国内では初の経口中絶薬となり、身体への負担が少ない方法として選択肢が広がります。

了承されたのはメフィーゴパックで、これは2種類の薬剤からなり、妊娠の継続に必要なホルモンの働きを抑える「ミフェプリストン」を投与。そして36〜48時間後に、子宮の収縮を促す「ミソプロストール」を服用するというものです。服用の対象は妊娠9週以下で、原則保険適用外となる見込みです。

正式に承認された場合、中絶処置できる資格を有する医師に限り使用できます。当面の間、入院が可能な施設に限り、入院か外来の場合は中絶が確認されるまでの間、院内待機をすることを求めました。

また流通や使用の状況を管理するため、さらには悪用防止のため、製造販売業者と医療機関は販売数と使用数を、都道府県医師会に毎月報告することが決められました。

国内の臨床試験では93%で服用後24時間以内の中絶を確認

中絶を希望する妊婦120人が参加した臨床試験では、93%で服用後24時間以内の中絶を確認しています。副作用の多くは下腹部痛や嘔吐などの軽度か中程度で、異常出血や細菌感染といった重度な副作用は4例報告されました。

厚生労働省によれば、メフィーゴパックのうちミフェプリストンは65以上の国や地域で、もう1つのミソプロストールは93以上の国や地域で採用されているとのことです。

経口中絶薬に関しては、専門部会が2023年1月に了承後、社会的関心が高いとして意見公募を行いました。その結果、本来は3月下旬に再審議する予定でしたが、約1万2,000件もの意見が集まったため、対応の整理に時間が必要だとして審議を延期していました。

近く、厚労相によって正式に承認される見通しであり、順調に進めば1ヶ月以内に実用化される予定です。今後の厚労相の動きに注目が集まります。

なお、この1件に対してネット上では、「中絶方法の選択肢が増えるのは良いこと」「好ましいものとして受け止めたい」「これでますます少子化が進んでしまうのでは?」など、賛否の意見が寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. IT大手の米Googleは11日、ブラジルで携帯電話の盗難対策となる新機能の提供を発表しました。同国…
  2. 「子どもの自律訓練法 不安緊張やストレスの緩和に有効なトレーニング子どもの自律訓練法 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    心と体をつなぐ神経と言われる自律神経は、興奮したり、ストレスを感じたりした時に優位になる交感神経と、…
  3. トヨタ自動車が、2015年に国際オリンピック委員会(IOC)と締結した最高位スポンサー契約について、…

おすすめ記事

  1. 神戸須磨シーワールド

    2024-5-30

    シャチパフォーマンスが楽しめる「神戸須磨シーワールド」がグランドオープン前に関係者向けイベントを開催

    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…
  2. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  3. 2023-11-16

    「横浜刑務所で作ったパスタ」3,500食が矯正展で完売 受刑者が残業するほどの人気に

    11月の3連休に開催された「第51回横浜矯正展」で、横浜刑務所製のフェットチーネ麺が脚光を浴びました…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る