河野デジタル大臣がマイナカードのスマホ搭載の対応時期を表明 スマホが健康保険証に

デジタル大臣を務める河野太郎氏は9日、5月11日より始まるマイナンバーカードのスマートフォンへの搭載について、各サービスの対応時期を表明しました。スマートフォンの搭載はAndroidのみであり、iPhoneへの対応も今後予定しているとのことです。

そもそもマイナンバーカードのスマートフォンへの搭載は、マイナンバーカードにおける電子証明書機能をスマートフォン単体で利用できるサービスです。河野太郎氏によれば、5月11日以降はマイナポータルへのアクセスにマイナンバーカードの読み取りが不要になり、Androidスマートフォン単体でアクセスできるようになります。

その後は5月中に、銀行口座開設や携帯電話の契約、キャッシュレス決済の申込みなど、民間サービスにおけるマイナンバーカードでの本人確認も、物理カード不要で利用できるようになるとのことです。

またマイナ保険証の一環である、スマートフォンを健康保険証として利用できるサービスについては、2024年4月の開始を目指しています。河野太郎氏は、マイナンバーカードをスマートフォンに搭載することで「顔認証や指紋認証によってパスワードの入力が不要になり、利便性が大幅に向上する」と説明し、さらに「『行かない役所、書かない手続き』を目指している。スマホ1つですべての行政サービスを完結できるようにしたい」と述べました。

現時点ではAndroidスマートフォンのみの実装で、iPhoneの実装時期については未定です。河野太郎氏は「できるだけ早くiPhoneにも対応させたい」とコメントしています。

ネット上では、「スマホ健康保険証はリスクが高い」「今ですら情報漏洩が怖いのにスマホ搭載とか…」「表明するのは勝手だけど、全然民間の対応が追いついていない」など、否定的な意見が寄せられています。

コンビニの証明書交付システムの一時停止を要請

河野太郎氏は9日、マイナンバーカードを用いてコンビニで住民票の写しなどを交付するサービスについて、運営会社にシステムの一時停止を要請したことを明らかにしました。自治体の間で別人の証明書が発行される不具合が相次いでいるとのことで、その原因の調査を進めようとしています。

デジタル庁によると、別人の証明証が発行される不具合は2023年3月以降、合計13件発生しているとのことです。河野太郎氏は「個人情報保護に関して、国民の皆様の信頼を傷つける大変重大な事故で、誠に申し訳なく思っている。管理体制についても政府側としてしっかり確認を進めていきたい」とコメントしました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「「過保護」と「過干渉」子どもに及ぼす悪影響とその対処法」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子育て中のみなさんは「過保護」や「過干渉」になっていませんか?子どものためと思ってやっていることが「…
  2. 「利益の少ない小児医療の課題 進まない医療機器開発」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医学の世界でも日々開発されている医療機器。このような医療用の工業製品の開発では製品を作成する工学系の…
  3. 米連邦準備制度理事会(FRB)は12日、政策金利を5.25~5.5%に据え置くことを決定しました。こ…

おすすめ記事

  1. 神戸須磨シーワールド

    2024-5-30

    シャチパフォーマンスが楽しめる「神戸須磨シーワールド」がグランドオープン前に関係者向けイベントを開催

    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…
  2. 2022-12-10

    ソネバが沖縄県の無人島に高級リゾート開発を計画 ヴィラ形式の客室129棟

    モルディブとタイで高級リゾートを展開するSoneva(ソネバ)が、沖縄県の伊是名島と伊平屋島の間にあ…
  3. 2024-5-15

    大阪王将のナメクジ大量発生事件 元従業員が偽計業務妨害罪で起訴

    2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
ページ上部へ戻る