脊髄損傷の再生医療治療薬「ステミラック」 承認から5年経過で約150人が治療

札幌医科大学とニプロ株式会社が共同で開発した世界初の脊髄損傷再生医療治療薬「ステミラック」が、2018年末に国から製造販売の承認を受けて5年が経過しました。この治療薬は全国で約150人の患者に保険診療として提供されており、寝たきりや手足の麻痺を抱える重症患者に新たな希望をもたらしています。

ステミラックは北海道・札幌で生まれた画期的な治療薬です。患者の骨髄液から採取した間葉系幹細胞を使い、傷ついた神経の再生や失った機能の改善を可能にします。治療の対象は損傷直後の重症患者で、損傷から1ヶ月以内に骨髄液を採取し、そこに含まれる細胞を2〜3週間で1万倍にまで増やして投与します。

点滴で投与された幹細胞は損傷部位に集まり、長期にわたって神経再生や機能改善を促します。この治療法の薬価は1,523万4,750円と高額ですが、保険適用により患者の自己負担は1〜3割で済み、高額療養制度でさらに負担額が軽減されます。

再生医療治療薬「ステミラック」の適応疾患および適格基準

札幌医科大学附属病院の公式サイトでは、ステミラックの適応疾患については「外傷性脊髄損傷で、ASIA機能障害尺度がA, BまたはCの方(重症の方)」と記載されています。

適格基準は「骨髄液の採取を、脊髄損傷受傷後31日以内を目安に実施できる方」であり、培養の準備のため、受傷後2週間以内を目安に転院が必要です。以下の項目に該当している場合は、ステミラックの治療を受けることが難しくなります。

  • 本品の成分に対して過敏症の既往歴
  • 悪性腫瘍の合併又は既往
  • アレルギーの素因
  • 感染症を合併
  • 体重が低い方(特に小児)や貧血
  • 全身状態が極めて不良(例:内分泌代謝疾患、循環器疾患、呼吸器系の 疾患、消化器系の疾患、重度の多発性外傷、多臓器障害等)
  • 重度の頭蓋内病変、主要血管の高度狭窄、解離性大動脈瘤、強い動脈硬化性変化、重度の石灰化等を認める
  • 重度の脊髄・脊椎疾患(骨粗鬆症、脊髄腫瘍、脊髄血管奇形、脊髄空洞症等)を認める
  • 血圧を収縮期140 mmHg以下、拡張期90 mmHg以下にコントロールすることができない
  • その他医師が不適切と判断した方

引用:脊髄損傷に対する再生医療等製品「ステミラック注」を用いた診療について|札幌医科大学附属病院

治療が行われる前には、適格性判断として詳細な全身スクリーニング検査が実施されます。投与に不適切と判断される併存症、合併症が認められた場合、ステミラックの治療は受けられません。

脊髄損傷を受傷し、ステミラックの治療を受けたい際には、入院している医療機関から紹介をしてもらう必要があります。その後、主治医からの診療情報を基に治療可能かどうかが事前に確認されます。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 2023年の日本の名目国内総生産(GDP)が591兆4,820億円、ドル換算で4兆2,106億ドルに…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「若手の化学系研究者から見た生成AI」(ライ…
  3. 三菱商事が、所有する「ケンタッキーフライドチキン」を運営する日本KFCホールディングスの全保有株式の…

過去よく見られている記事

  1. 一般社団法人Colabo 代表・仁藤夢乃氏の裁判

    2024-1-23

    一般社団法人Colabo代表・仁藤夢乃氏「支援を必要とする女性がいる」裁判での弁論(2024年1月23日)

    2024年1月23日14時から、原告である一般社団法人Colabo代表である仁藤夢乃氏から、被告であ…
  2. 「魂の殺人と呼ばれる性加害の実情について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-11-5

    魂の殺人と呼ばれる性加害の実情について

    心身に深刻な影響を与え、その後の人生を大きく変えてしまう可能性のある行為である性加害。みなさんはその…
  3. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る