韓国・清州で送油管窃盗未遂の事件が発生 容疑者は8人で犯行グループ逮捕

韓国・清州(チョンジュ)にあるモーテルを丸ごと賃借りし、地下に埋設された送油管までトンネルを掘って油を盗もうとした犯行グループが逮捕されました。送油管までの距離はわずか9メートル程度で、道路に隣接した建物であるとのことです。

大田(テジョン)警察庁強力犯罪捜査隊は窃盗の未遂で終わった容疑者8人を逮捕。このうち50代男性ら4人を拘束、残りの4人は不拘束送検しました。

警察によると、犯行グループは総合責任者Aと資金調達者2人、技術者B、作業員など役割を分担して作業を進めていたとのことで、犯行グループはモーテルを丸ごと賃借りし、寝泊まりしながら約1ヶ月間トンネルを掘り続けました。

犯行グループは2022年5月にBが刑務所から出所した後、犯行謀議を始め、10月から犯行に及んだとされます。Bは大韓送油管公社の元職員で、過去にも送油管窃盗犯罪に加担した経験があり、それが原因で退社しました。

送油管は公社側が24時間管理しているのに加え、直径が45cmにもなるほか、穴をあけてから油を取り出すまでに高度な技術が必要です。そのため、技術者Bがいないと成り立たない犯行だったと予想されます。

送油管窃盗はガソリンスタンドによる売却のため

捜査の結果、送油管から油を取り出した後は、当初忠清北道清州や沃川(オクチョン)などガソリンスタンド2ヶ所を借り、売却する予定だったことがわかりました。しかし、沃川のガソリンスタンドでトンネルを掘っている間に地下から水が出てきたため、1メートルほど堀った時点で作業を中断。該当ガソリンスタンドから送油管までは、50メートル程度の距離があったとのことです。

モーテルの管理者は「(モーテル)の営業をして金を儲ける」という提案に乗り、家賃450万ウォン(約46万円)で契約しました。犯罪収益は役割と資金投資規模により分配する予定だったとされ、主犯格であるAは「1リットル当たり400〜500ウォンの収益金を与える」として共犯を募集しました。

大田警察庁のキム・ジェチュン強力犯罪捜査隊長は「送油管窃盗事件は単なる犯罪を越えて、爆発や火災に伴う人的・物的大型被害につながりかねない」と危険性を述べました。

ネット上では、「すごい労力だ」「本当に成功すると思っていたのか」「なんか映画みたいな世界だ」などの意見が寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 俳優の中尾彬氏(81)が心不全のため、5月16日に亡くなりました。妻である池波志乃氏が、所属事務所の…
  2. 13日午前、東京都千代田区にあるつばさの党本部が、警視庁の捜査員によって家宅捜索されました。これは、…
  3. 米テスラの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏は23日、投資家向けの電話会議で開発中のヒ…

おすすめ記事

  1. 「子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-10-22

    子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告

    アメリカの大規模調査では、2022年には71%の子どもたちがゲームをしていると答えています。日本の2…
  2. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  3. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る