インド宇宙研究機関がロケットの打ち上げに成功 全7機の衛星を無事軌道へ投入

日本時間7月30日、インド宇宙研究機関(ISRO)が「PSLV」ロケットの打ち上げを行いました。その結果、全7機の人工衛星が予定の軌道へ無事投入されました。公式サイトとSNSを通じて、ISROはこの成功を報告しています。

この打ち上げは「PSLV-C56(DS-SAR Mission)」と名付けられ、インドのサティシュ・ダワン宇宙センターから行われました。このミッションによって軌道へと投入された7機の衛星のなかには、さまざまな国や機関が運用するものが含まれています。

まず、シンガポール政府が運用する合成開口レーダー(SAR)衛星の「DS-SAR」があります。また、「VELOX-AM」は23kgの超小型衛星で、技術実証を主目的としています。「ARCADE」は特定の実験を行うための衛星です。

そのほか、「SCOOB-II」「NuLIoN」「Galassia-2」などの衛生、さらには「ORB-12 STRIDER」という国際共同開発衛星も含まれています。この一連の打ち上げミッションは、宇宙技術の進歩と共に各国間の協力が進むことを象徴しています。

ネット上では、「インドは月探査機も火星探査機も打ち上げてて凄い」「日本は圧倒的な差をつけられた」などの意見があがっています。

インドのロケット残骸が豪西岸に漂着

円筒型の物体が7月、オーストラリア西部の海岸に打ち上げられました。ISROの責任者はCNNに、その物体が以前打ち上げた「PSLV」ロケットの一部であると語りました。

物体の発見は先月、パースから北に250キロ離れた町、グリーンヘッドで起こりました。地元の住民らの間で大きな話題となり、その正体について多くの推測が交わされました。

物体の表面はフジツボで覆われ、長期間海中を漂流していたと考えられています。これに先立ち、オーストラリア宇宙庁も7月31日のツイートで、物体の調査を完了し、同様の結論を公表しています。警察もインターネット上のさまざまな議論に対し、「宇宙ごみ」の可能性が高いとの見方を示していました。

オーストラリア宇宙庁は物体を引き続き保管し、今後の対応についてISROと協議すると述べています。打ち上げ後に燃料を使い切った「PSLV」ロケットのタンクが順次切り離される仕組みにより、このような状況が生じたと理解されています。この事例は、宇宙開発と地球上の環境との関係性を考える一助となるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 米テスラの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏は23日、投資家向けの電話会議で開発中のヒ…
  2. 京都大学発のスタートアップであるトレジェムバイオファーマ(京都市)は、9月から歯を生やす抗体医薬品の…
  3. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…

おすすめ記事

  1. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…
  2. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  3. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る