Microsoftがベンチャー企業と電力購入契約を締結 2028年から核融合発電を開始

IT大手の米Microsoftは10日、核融合発電のスタートアップ企業であるヘリオン・エナジーと2028年からの電力購入契約を結んだと発表しました。米メディアによれば、核融合の売電契約を交わすのは世界で初めてだとされます。

ヘリオン・エナジーは2013年に設立した核融合スタートアップ企業であり、対話型チャットボット「Chat GPT」の開発元であるOpenAIの創業者サム・アルトマン氏が出資している企業としても有名です。

これまで約5億8,000万ドルの資金を調達し、プロトタイプを6機製造。現在7番目のプロトタイプを建設しているとのことで、2024年には発電能力の実証を行う見込みです。

2028年には核融合発電をスタートし、その後1年間で出力5万キロワット以上まで高めることを目指します。将来的には、出力100万キロワット級の発電設備の開発を目指すとのことです。

現時点で詳細は明らかにされておらず、核融合発電による電力の一部をMicrosoftに販売する見込みであり、売電契約を締結したことで核融合発電の開発に失敗すれば、Microsoftに違約金などのペナルティーが支払われます。

Microsoftは2030年までに調達する電力を「温暖化ガス排出ゼロ」とする方針です。ヘリオン・エナジーのCEOを務めるDavid Kirtley氏は、「この提携は、ヘリオンと核融合業界全体にとって重要なマイルストーンである」と語っています。その上で「まだやるべきことはたくさんあるが、世界初の核融合発電施設を提供する能力に自信を持っている」とコメントしました。

ネット上では、「どんな契約内容なのか気になる」「Microsoftにとって完全にギャンブルな契約だ」「核融合が実用化されれば地球温暖化問題は解決に近づくと思う」など、賛否の意見が寄せられています。

ヘリオン・エナジーとはどんな企業?

今回、Microsoftと契約を結んだヘリオン・エナジーは、ワシントン州シアトル近郊のエベレットに所在するアメリカの核融合研究企業です。2013年に設立されたベンチャー企業ですが、95%の効率で磁気エネルギーを回収することを実証、10テスラ以上の圧縮磁場を実現など、核融合に関する実績があります。

現在は7番目のプロトタイプを建設しており、2028年までに5万キロワット以上の発電能力を有する核融合発電書の稼働を計画しています。この計画が実現すれば、大量のクリーンな電力を安全に生成でき、Microsoftが目指す地球温暖化の対策に一歩近づくことが可能です。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…
  2. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…
  3. 13日午前、東京都千代田区にあるつばさの党本部が、警視庁の捜査員によって家宅捜索されました。これは、…

おすすめ記事

  1. 「子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-10-22

    子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告

    アメリカの大規模調査では、2022年には71%の子どもたちがゲームをしていると答えています。日本の2…
  2. 2023-11-9

    NASAがボイジャー2号のソフトウェアを更新 探査機までの距離はおよそ193億km

    NASAは長期間にわたり宇宙の深遠へと旅しているボイジャー2号の最新の状況を公表しました。ボイジャー…
  3. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る