コロンビアで史上最大のコカイン密輸が見つかる 潜水艦から3トン以上のコカイン

これまでで最も大きい「麻薬を運ぶための潜水艦」がコロンビアで見つかり、なかから3トン以上のコカインが押収されました。その潜水艦は全長30メートルあり、船体は真っ白であるとのことです。

潜水艦は海面スレスレまで潜って進むとされ、内部にはコカインが詰まった袋が山のように積まれていました。そして押収した袋を開けると、なぜか「TOYOTA」という文字が。

これを受け、「何かを隠すための工夫では?」という議論を呼んでいます。押収したコカインを金の延べ棒のように積むと、当たり一面に広がるほどの量だったと言います。

押収したコカインの量はここ30年で最大規模までのぼり、その重さは3トン超えです。海軍は麻薬密売グループが約140億円を失ったと発表しています。

ネット上では、「中南米の麻薬密輸のスケールが違うね」「半潜水の潜水艇にしたって、通常の船とは違うレベルの技術が必要だろう」「日本ももっと厳罰化するべきだ」「なぜTOYOTAのパッケージ?」などの意見が寄せられています。

コカイン密輸の摘発が世界中で相次ぐ

コカインには局所麻酔作用があり、覚せい剤と同様な興奮作用があると言われています。すぐに効果が現れ、数分から1時間も経つと効果が薄れていきます。

依存性が極めて高く、身体的・精神的に悪影響を及ぼすため、世界中でコカインの使用が問題視されています。使用者が一定数いるということで、コカインの密輸が世界中で相次いでいるのが現状です。

日本でも4月に、青森県内で36歳の女性がコカイン密輸で逮捕されました。逮捕されたのは青森市松森の無職で、2022年11月から12月にかけてコカインなどの麻薬を、ブラジルから輸入した疑いが持たれています。

そのほか、1月にはビニールで小分けしたコカイン計207個を飲み込んで体内に隠し、成田空港から密輸入しようとしたとして、ギリシャ国籍で自称警備員の容疑者と自称コンピューターエンジニアの容疑者を逮捕・送検しています。

来日目的が京都での観光だったのにもかかわらず、荷物が少ないのを税関職員が不審に思い、X線検査で大量のコカインを発見しました。

空港での密輸事件と言えば、2022年5月にも成田空港で本の内側にコカイン約2キロを隠し、航空機で密輸したとして東京都練馬区の会社役員を現行犯逮捕しています。空港署は国際的な麻薬犯罪組織が関与している可能性があるとして、捜査を進めています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. トヨタ自動車が発表した2023年度のグループ全体の決算で、営業利益が5兆3,000億円に達し、日本の…
  2. 19日にイランでヘリコプターが墜落し、ライシ大統領やアブドラヒアン外相ら搭乗者全員が死亡しました。こ…
  3. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…

おすすめ記事

  1. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  2. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  3. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る