日本テレビの定例会見で社長が謝罪 ロケ中、ペンギンのいる池に計3回落下

日本テレビは27日、都内の同局で定例会見を行い、24日に放送された同局系「スッキリ」で、出演者が「那須どうぶつ王国」でのロケ中にペンギンのいる池に落下したアクシデントについて謝罪しました。

24日の「スッキリ」では、出演者のオードリー・春日俊彰氏がペンギンの池に足を踏み入れ、池に計3回落下しました。同園は公式Twitterにて、「誠に遺憾」と声明を発表。日テレに抗議したとのことです。

日本テレビの石澤顕社長は、「番組のホームページ、今日の番組の放送の中で経緯についてはお伝えさせていただきましたが、なぜ起きたかということでは、やはり打ち合わせが不十分であったと」と述べました。さらに続けて「もっと言いますと、動物に対する配慮にかけた放送があったと思います。その結果、那須どうぶつ王国や出演者の方にご迷惑をかけてしまったこと、不快な思いをさせてしまったこと、こうしたことに関して率直におわびしたいと思います」と語りました。

それに加え、今後の対策として「現場で情報共有して協議を含めて進める」「よりいっそう安全面、衛生面、指摘されたことへの配慮を確認する」「しっかりとした番組製作を進めていく」などを挙げています。

また、同番組は24日夜に公式ホームページで、「動物がいない池に入る可能性があることは事前に打合せしておりましたが、本番ではペンギンのいる池に入ってしまう放送となりました。動物への安全配慮が不足しておりました。改めて那須どうぶつ王国および視聴者の皆様にお詫び申し上げます」と謝罪しています。

同園とは連絡を取り合っており、今回についての解決に向けて意見交換を進めていくとのことです。また、同園からの返答を待っているフェーズとも語っています。

27日に放送された「スッキリ」でもMCやアナウンサーが謝罪

27日朝の「スッキリ」でも、MCの加藤浩次氏、森圭介アナウンサー、岩田絵里奈アナウンサーの3人が謝罪しました。

森圭介アナウンサーが「安全面や衛生面に不足した危険な放送となりました。その責任は番組にあります」と謝罪したのち、岩田絵里奈アナウンサーが「あらためて那須どうぶつ王国や視聴者のみなさんに深くおわび申し上げます」と続けています。

加藤浩次氏もこの件に触れており、番組内で「僕も当日の打ち合わせでしっかりとした打ち合わせを怠っていました」と述べ、「MCとしても配慮が足りませんでした。本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げました。

この件についてネット上では、「打ち合わせの確認不足とかではない」「あれがアクシデントなら、どれが演出になるの?」「動物への配慮が足りてなさすぎる」などの意見が述べられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. トヨタ自動車が発表した2023年度のグループ全体の決算で、営業利益が5兆3,000億円に達し、日本の…
  2. 13日午前、東京都千代田区にあるつばさの党本部が、警視庁の捜査員によって家宅捜索されました。これは、…
  3. 「トクホって大丈夫?6,500億円市場の特定保健用食品との付き合い方」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    特定保健用食品(トクホ)は、1991年に日本で制度がスタートし、国際的にも注目されているブランドの一…

おすすめ記事

  1. 「子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-10-22

    子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告

    アメリカの大規模調査では、2022年には71%の子どもたちがゲームをしていると答えています。日本の2…
  2. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  3. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る