格付け大手フィッチが米国債を「AAA」から「AA+」に引き下げ 市場に衝撃走る

格付け大手であるフィッチ・レーティングスは1日、米国債の格付けを「AAA」から「AA+」に引き下げたと発表しました。将来の財政状況の悪化と、増加する政府の借入負担を考慮したこの決定は、市場に衝撃を与えました。

政府債務の上限、通称「債務上限」についての対立は、米国の二大政党、民主党と共和党の間で白熱。結果的に、今年の6月にデフォルト(債務不履行)は回避されましたが、フィッチ・レーティングスは「繰り返される政治対立が財政運営の信任をむしばんでいる」と懸念を表明しました。

さらに同社は、国内総生産(GDP)に占める財政赤字の比率が上昇すると予想しています。具体的には、低成長と金利上昇の影響を受けて、2025年には6.9%に達するとの見通しを示しました。2022年の比率は3.7%なので、これは大幅な増加となります。

この1件に対してネット上では、「とは言っても世界一安全な債権」「老後のためにも今のうちに買いだな」「日本は遥か20年前にそのレベルだった」などの声があがっています。

米財務長官「正当な根拠がまったくない」と反論

今回の格付けの引き下げに対し、ジャネット・イエレン米財務長官は「正当な根拠がまったくない」と反論しています。フィッチ・レーティングスの広報担当者は、今回の判断について「政治的な二極化や財政赤字の悪化、債務負担の高まり」といった複数の要因を考慮したと述べました。

また、「過去20年間、財政のガバナンスが悪化しており、また政治的な二極化が進んでいることが、債務上限をめぐる度重なるこう着状態につながっている」と指摘しています。米連邦政府に対し、同社は過大な財政支出と借入習慣の改革を求め、その深刻な結果が米経済や世界経済に及ぼす可能性について警告しました。

米国債の格下げ発表はウォール街に衝撃を与えており、8月2日の取引ではS&P500、ダウ平均、ナスダックの主要3指数すべてが約1〜2%下落しました。

なお、2011年にもS&Pグローバルが米国債の格付けを「AAA」から「AA+」に一段階引き下げた過去があります。そのS&Pも「もしも政治に悪影響を及ぼす予想外の出来事が、アメリカを支える制度の強さや長期的な政策決定の妨げになったり、世界の主要な準備通貨としてのドルの地位を危うくしたりした場合」には、今後2~3年で再度米国の格付けを引き下げる可能性があると警告しています。

そして、格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、「AAA」の米国債格付けを維持していますが、財政問題が解決しない場合には、格下げもあり得るとの立場を明らかにしています。このような複雑な情勢の中で、経済にどのような影響が出るのかが今後の注目点となるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. DMM.comグループの暗号資産交換業者であるDMM Bitcoin社は5日、グループ内から550億…
  2. 「「過保護」と「過干渉」子どもに及ぼす悪影響とその対処法」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子育て中のみなさんは「過保護」や「過干渉」になっていませんか?子どものためと思ってやっていることが「…
  3. イスラエルとハマスの対立をめぐり、国際刑事裁判所(ICC)のカーン主任検察官は、双方の指導者5人に対…

おすすめ記事

  1. 2024-5-18

    広島・安芸高田市の石丸伸二市長が東京都知事選挙に立候補 東京一極集中の是正を目指す

    広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…
  2. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  3. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る