町田のカフェで発砲事件が発生 50代の男性が最低3発撃たれ、病院搬送後に死亡

26日午後7時半過ぎ、東京・町田市の町田駅の近くのカフェで男が拳銃を発砲。撃たれた男性は20メートルほど離れた場所で倒れ、搬送先の病院で死亡が確認されました。犯人は逃走しており、警視庁は逃げた男らの行方を追っています。

撃たれた50代の男性はカフェの店内にいたところ、入店した男に突然声をかけられ、発砲されました。男性は店の外に逃げ出しましたが、男はそれを追いかけてさらに発砲を続けました。

その後、撃たれた男性は20メートルほど離れた場所で倒れていたとのことです。撃たれた男性は暴力団関係者とみられ、首や腹付近に少なくとも3発の撃たれた痕があります。現場にいた警察官が心臓マッサージをしましたが意識は戻らず、その後、病院に搬送されて死亡が確認されました。

目撃者は「銃のようなものを上にかざしていた。下腹部から出血している」と述べています。また、2人組の男が車で逃走したとの目撃情報もあり、警視庁は殺人事件として犯人の行方を追っています。

今回の事件を受け、ネット上では「もう毎日のように残忍で酷い事件が多いから気持ちが滅入る」「町田は昔から治安が不安定だ」「ヤクザが抗争するのは勝手だけど、民間人のいるところでやらないでほしい」などの意見が寄せられています。

26日午後11時半頃に拳銃を持った男が警察署に出頭

事件開始から約4時間後の26日午後11時半頃、拳銃を持った男が神奈川県内の警察署に出頭しました。そのまま銃刀法違反の疑いで、警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、職業不詳の佐々木誠容疑者(58)です。「拳銃を所持していたのは間違いない」と供述したとのことです。事前に「発砲事件の関係で出頭する」と警察署に電話を入れていたようで、警視庁は発砲事件との関係性を詳しく調べています。

なお、5月25日には長野県中野市で、男女4人が殺害された立てこもり発砲事件がありました。犯人は青木容疑者で、26日午前4時半過ぎに玄関から出てきたところ、身柄を確保されました。確保に至るまでは、警察が電話などで青木容疑者を説得していたとのことです。

この1件を受け、26日正午から県警本部では警察本部長と刑事部長による記者会見が開かれました。長野県警の小山巌本部長は、「はじめに被害に遭われてお亡くなりになられた方に哀悼の意を表するとともに、ご遺族の皆様に心よりお悔やみを申し上げます。また当県警の警察官2名が殉職することとなり、警察本部長としては痛恨の極みです」と述べました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 17日、離婚後も共同親権を可能にする改正民法が参院本会議で賛成多数により可決されました。これは、18…
  2. 「初期臨床研修医は平均年収435万円 研修医の平均年収と医師の働き方改革2024 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医師の世界も2024年4月から厚生労働省による「働き方改革」が施行されました。医師の「働き方改革」と…
  3. 5月6日、東京ドームにて井上尚弥選手(31歳、大橋ジム)がルイス・ネリ選手(29歳、メキシコ)を迎え…

おすすめ記事

  1. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  2. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る