「食べログ」側が二審判決で逆転勝訴 東京高裁が一審判決を取り消し

焼き肉チェーン「KollaBo(コラボ)」の運営会社韓流村がグルメサイト「食べログ」の運営企業カカクコムを訴えた訴訟で、1月19日に二審判決が出ました。2022年6月の一審でカカクコムに3,840万円の支払いが命じられましたが、東京高裁は一審判決を取り消し、飲食店側の逆転敗訴となりました。

訴訟の発端は、KollaBoの21店舗の評価点が食べログのアルゴリズム変更により、平均約0.2点下落したことでした。これにより、韓流村は来客数が減少し、多大なる損害を受けたと主張。しかし、二審判決では「食べログのアルゴリズム変更に合理性がある」と認定されました。

これにより、食べログ側が優越的地位を利用したと認められつつも、その濫用には該当せず、独禁法違反の構成要件を満たさないと判断されたのです。この結果、食べログ側の賠償支払い命令が取り消され、アルゴリズム変更が消費者の感覚を反映するものとして正当化されました。

ネット上では、「食べログで点数を下げられたから、店舗が潰れたと言うのは違うと思う」「売り上げ落ちたのはコロナ禍の影響な気も」「訴えた方の気持ちも非常に理解出来ます」など、賛否の意見が寄せられています。

韓流村の社長が「判決結果は大変遺憾」「強い憤りを感じる」と主張

KollaBoを運営する韓流村の任和彬(イム・ファビン)社長は、食べログの評価点下降が売り上げ減少に繋がり、当時運営していた19店舗が赤字により倒産したことを判決後の記者会見で述べました。「言葉にできないほどの衝撃」「判決結果は大変遺憾であり、強い憤りを感じる」と訴えています。

今回の審理では、食べログが2019年5月に導入した新しいアルゴリズム「新ロジック」と、チェーン店の点数を下げる「チェーン店ディスカウント」といったアルゴリズム変更を行ったことが論争となっています。任和彬社長は、二審判決で急に持ち出された「新ロジック」に疑念を表明し、食べログの評価基準が恣意的であると批判しました。

また、食べログの評価システムが完全にアルゴリズムに基づくものではなく、人為的な要素が介入しているとも主張しました。この判決は飲食業界だけでなく、他の分野のポータルサイトやショッピングサイトにも影響を及ぼすと警鐘を鳴らしています。

韓流村は2020年5月、「食べログ被害者の会」を設立し、2022年6月には「食べログ独占禁止法違反行為に対する集団訴訟」を呼びかけています。多くの企業は食べログ側との争いを避けているのが現状であり、特に利益率の低い飲食店にとって食べログの評価点は死活問題であるとのことです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「ばぁば、AIがなかったころのお話を聞かせて…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「私はAIとケンカしたい」(ライター:タテさ…
  3. 第4回ライティングコンテスト東京報道新聞賞
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 東京報道新聞賞受賞作品「AIが脇役の世界 ~建設産業界の…

過去よく見られている記事

  1. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…
  2. 新宿矯正展

    2023-8-30

    新宿矯正展とは?刑務所で作られた製品が多数販売!主催の府中刑務所についても紹介

    2023年8月3日(木)〜9日(水)にかけて、およそ3年ぶりに新宿矯正展が開催されました。現地の様子…
  3. 2023-4-29

    男女雇用機会均等法違反でアメックスに220万円の賠償命令 育休明けに部下37人が0人に

    米クレジットカード会社のアメリカン・エキスプレスに勤める女性が、男女雇用機会均等法などに違反するとし…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る