日本の鉄道は世界で最も正確?強みが反映された国際規格が制定

日本の鉄道はほとんど遅れることがなく、その正確さは世界一とまで評されています。その強みに基づく国際規格が、2022年10月14日に制定されました。

規格名は、ISO24675-1「鉄道分野-輸送計画のための運転時分計算-第1部:要求事項」であり、日本が提案して議論を主導して成立を図りました。

海外での鉄道や建設では仕様書に規格名が書かれることが多く、今回の狙いは国内鉄道事業者の海外展開だとされています。ただし、日本と海外では鉄道の運行状況が大きく異なるため、国際規格を作成したところで、適用時の規格が異なり修正を余儀なくされます。

そこで、鉄道総合技術研究所(東京都国分寺市)の鉄道国際規格センターが中心となり、「先回りして日本のやり方を規格にしておくべき」という方針を打ち出しました。また今回の規格では、ダイヤ作成の基礎となる運転時分の計算に必要な以下12項目を定めました。

【設備に関するデータ】

  • 始点、終点位置
  • 勾配
  • 最大速度
  • 設備の状況による制限速度

【車両に関するデータ】

  • 列車の質量
  • 車両の最大速度
  • 列車の長さ
  • 走行抵抗
  • 牽引力
  • ブレーキ時の減速度

【運転条件に関するデータ】

  • 始発点の停車/通過の別
  • 運行状況による制限速度

引用:遅れない日本の鉄道 ダイヤ作成の基準が国際規格に|日本経済新聞

この12項目に加え、計算が妥当かどうかの検証方法を定めました。これにより、1項目の変化があるごとに運転時分の増減をそれぞれで照らし合わせ、確認を行います。

実は2017年より規格原案などの検討を始めており、2022年9月には国際規格化が可決され、同年10月14日に発行されました。日本にとって鉄道150周年の記念日でした。

海外の鉄道は時間通りに来ない?日本との比較

日本の鉄道は、「本当に時間通りに来るのか…」と外国人が驚くほど正確です。日本では当たり前のことですが、ほかの国からするとこの正確さは異常なのです。

特にヨーロッパの国々ではこの傾向が顕著であり、なかでもイタリア人はおおらかな性格な人が多いため、30分程度の遅延は当たり前だとされます。

発展途上国になるとその傾向はさらに強まり、分単位ではなく時間単位で遅れることも度々あるようです。その一方で、中国、台湾、韓国などの鉄道は多少遅れることはありますが、大幅な遅れは少なく、10分程度の遅延に留まっているとのことです。

このように、多くの国では鉄道の遅延が当たり前であることから、日本の正確さが異常であることがわかります。今後、日本の強みが反映された国際規格の浸透に期待したいところです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 東京都の合計特殊出生率が0.99となり、全国で唯一1を下回る結果となりました。厚生労働省が5日に発表…
  2. 2023年の出生率が過去最低を更新する見通しとなっています。第一生命経済研究所の星野卓也氏の試算では…
  3. 「子どもの自律訓練法 不安緊張やストレスの緩和に有効なトレーニング子どもの自律訓練法 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    心と体をつなぐ神経と言われる自律神経は、興奮したり、ストレスを感じたりした時に優位になる交感神経と、…

おすすめ記事

  1. 2023-11-16

    「横浜刑務所で作ったパスタ」3,500食が矯正展で完売 受刑者が残業するほどの人気に

    11月の3連休に開催された「第51回横浜矯正展」で、横浜刑務所製のフェットチーネ麺が脚光を浴びました…
  2. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  3. 2024-5-15

    大阪王将のナメクジ大量発生事件 元従業員が偽計業務妨害罪で起訴

    2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る