厚生労働省が2022年の日本の出生率を発表 80万人割れで「静かな有事」

松野博一官房長官は2日、午後の会見で2022年の日本の出生率が初めて80万人を割り込んだことに対し、少子化の進行は危機的な状況であり、「静かな有事」と認識すべきと述べました。また、その上で今後3年間を子ども子育て支援の加速に取り組む「集中取り組み期間」としているとコメントしました。

松野博一官房長官は「少子化の進行は危機的な状況で、わが国の静かなる有事として認識すべきものであり、社会機能の維持にも関わる待ったなしの先送りできない課題であります」と語っています。

厚生労働省が2日に公表した「令和4年(2022)人口動態統計月報年計(概数)の概況」によると、2022年の出生数は77万747人で、前年の81万1,622人より4万875人減少しました。1899年の統計開始以来、初めて80万人を割り込んだとのことです。

また、合計特殊出生率は1.26で、前年の1.30より低下しています。2005年と並んで、過去最低を記録しました。松野官房長官は「出生数が5年間で20万人近く減少した」と指摘しており、子ども子育て政策は「わが国の社会機能の維持にもかかわる、待ったなしの先送りできない課題である」と説明しています。

出生数は減少しているが、死亡数は増加している

出生数の減少が大きな問題になっていますが、それとは別に死亡数の増加も問題視されています。2022年の死亡数は156万8,961人で、前年の143万9,856人より12万9,105人増加しました。死亡率については12.9で、前年の11.7より上昇しています。

なお、厚生労働省によると、死因順位の第1位は悪性新生物<腫瘍>で、全死亡者に占める割合は24.6%でした。第2位は高血圧性を除く心疾患で割合は14.8%、第3位は老衰で割合は11.4%となっています。

松野官房長官は、厚生労働省が公表した出生数の減少を踏まえて「今後3年間を子ども子育て支援の加速化に取り組む集中取り組み期間としている」と説明しており、その上で「次元の異なる少子化対策を推進することにより、若い世代が希望通り結婚し、希望する誰もが子どもを持ち安心して子育てのできる社会の実現を図り、少子化傾向に歯止めをかけたいと考えている」と述べました。

この1件に対し、ネット上では「今回のラストチャンスもダメそう」「若者たちの無言の抵抗なのでは?」「これを立て直すのは難しい」などの声が寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「トクホって大丈夫?6,500億円市場の特定保健用食品との付き合い方」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    特定保健用食品(トクホ)は、1991年に日本で制度がスタートし、国際的にも注目されているブランドの一…
  2. 米テスラの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏は23日、投資家向けの電話会議で開発中のヒ…
  3. 俳優の中尾彬氏(81)が心不全のため、5月16日に亡くなりました。妻である池波志乃氏が、所属事務所の…

おすすめ記事

  1. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  2. 2023-11-9

    NASAがボイジャー2号のソフトウェアを更新 探査機までの距離はおよそ193億km

    NASAは長期間にわたり宇宙の深遠へと旅しているボイジャー2号の最新の状況を公表しました。ボイジャー…
  3. 2024-3-7

    伊藤忠商事がビッグモーターを買収 「ビックリモーター」など新社名の予想始まる

    伊藤忠商事がビッグモーターの買収に向けて、企業再生ファンドと手を組んだ契約を締結したことが明らかにな…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る