日本のピル使用率は他国に比べて低い?ピル使用率の現状について「ハーデイズ」社長が語る

近年、オンライン診療でピルを処方するサービスが増加しています。オンライン診療のサービスでは、月経による下腹部痛や吐き気、頭痛などの不調を軽減するものとして、低用量ピルをメインに多種類のピルを処方しています。

オンラインで完結するため「安全性は大丈夫なのか」と心配されることが多いですが、実際のところ安全性は保たれているのでしょうか?オンライン診療でピルを処方するサービスの「ハーデイズ」は、テレビ電話での対面診療を取り入れています。

医師が相談者の表情を見ながら、問診の内容も考慮して適切な処方ができるよう、安全性を重視しているとのことです。「ハーデイズ」を手掛けるウィルミナ社の幸村潮菜社長は、「診療する医師は全員女性。相談のしやすさにも配慮した」と語っています。

また、「生理は我慢が当たり前と思われている」とも話しており、確かに日本のピルと言えば避妊薬のイメージが大きく、月経による不調を軽減する目的で使用している人はそう多くありません。幸村潮菜社長は、「妊娠する確率を下げることで、子宮内膜症など婦人科系の病気になりにくいなど、避妊以外についても研究結果がある。うまく活用すれば、さまざまな人の助けになると思う」と強調しています。

「ハーデイズ」では3種類のピルを取り扱っており、いずれも副作用が起こりにくいとされる低用量ピルです。テレビ電話を用いて患者の表情を確認し、効果を高めるために薬の使用方法や特徴を詳しく説明しています。

日本におけるピルの使用率は他国と比べて低い

国連が15〜49歳の世界各国の女性のピル使用率を調べたところ、日本は2.9%、米国は13.7%、オーストラリアは22%、英国は26.1%、フランスは33.1%であり、日本は他国と比べてピルの使用率が低いことがわかりました。

幸村潮菜社長は日本のピル使用率を見て、「ピルが持つ効果の認知率、服用率を上げたい」と語りました。ピルの使用は正しい知識を持ってうまく活用すれば、体調を管理する1つの選択肢になるとのこと。

また幸村潮菜社長は「働く女性もある意味アスリート。ピルが普及しても、『痛み止めを飲んで頑張っている』から『ピルを飲んで頑張っている』に変わるだけでは意味がない」と強調しています。

現在は個人向けの「ハーデイズ」ですが、今後は企業の管理職に向けた法人向けコンテンツとして広めることを目標にしています。今後の「ハーデイズ」の動向に注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…
  2. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…
  3. トヨタ自動車が発表した2023年度のグループ全体の決算で、営業利益が5兆3,000億円に達し、日本の…

おすすめ記事

  1. 2023-11-9

    NASAがボイジャー2号のソフトウェアを更新 探査機までの距離はおよそ193億km

    NASAは長期間にわたり宇宙の深遠へと旅しているボイジャー2号の最新の状況を公表しました。ボイジャー…
  2. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る