スシローが醤油ペロペロ少年に6,700万円の賠償請求 「影響は深刻」と語る

大手回転寿司チェーンのスシローが、醤油差しを舐めるなどの迷惑行為をした少年に対して、約6,700万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴していたことが判明しました。提訴したのは運営会社「あきんどスシロー」で、3月22日付けとのことです。

訴状では、1月に少年が岐阜市のスシロー岐阜正木店にて、卓上の醤油ボトルの注ぎ口を舐めたほか、湯飲みを舐めたあとに未使用の置き場に戻したりなどをしました。この迷惑行為の様子を撮影した動画が1月29日にSNSで拡散され、全国の店舗で客が大幅に減少したとされます。

その被害は客足の減少だけにとどまらず、1月31日には親会社の株価が約5%低下し、1日でおよそ160億円以上の経済的な価値が失われました。スシロー側は損害として、醤油ボトルの入れ替え費用、衛生管理の信用が損なわれた被害などを主張。さらには、迷惑行為を防ぐためのアクリル板の設置などの対策を進めており、請求額はさらに増える可能性があるとのことです。

少年の行為に対し、訴状では「各店舗の衛生管理に疑念を生じさせ、多くの客に著しい不快感、嫌悪感を与えた。影響は深刻で、この問題を放置できない」と主張しています。その一方で、少年側は「反省の日々を送っている」と行為を認めた上で、「客の減少は同業他店との競合も考えられる」と反論しました。5月に地裁に提出した答弁書で、請求棄却を求めています。

スシロー事件とは?SNS動画拡散からの経済的影響

インターネット時代の不適切な行為がビジネスに与える影響を具体化するものとして、スシロー事件が世間で注目を浴びました。軽い気持ちで投稿した1つの動画が、スシローに多大なる損害を与え、世間からのバッシングや批判を呼びました。

SNS上では迷惑行為の動画が至るところで拡散され、その動画の再生回数は数千万回を軽く超えています。その動画に対して、「もうスシローにいけなくなった」「汚い!ありえない!」などのコメントが多く寄せられました。

少年はSNS上だけでなく、テレビやニュースで大きく報道されたことで、SNSを利用しない人からも批判を浴び、さらにはスシローから約6,700万円もの損害賠償を請求されています。

この事例から、1人の不適切な行為が大きな組織に深刻な影響を及ぼす可能性が明らかとなりました。不適切な行為の拡散は、企業の財務だけでなく、その信用にも重大な影響を及ぼすことが示されています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 17日、離婚後も共同親権を可能にする改正民法が参院本会議で賛成多数により可決されました。これは、18…
  2. 京都大学発のスタートアップであるトレジェムバイオファーマ(京都市)は、9月から歯を生やす抗体医薬品の…
  3. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…

おすすめ記事

  1. 「子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-10-22

    子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告

    アメリカの大規模調査では、2022年には71%の子どもたちがゲームをしていると答えています。日本の2…
  2. 2024-3-7

    伊藤忠商事がビッグモーターを買収 「ビックリモーター」など新社名の予想始まる

    伊藤忠商事がビッグモーターの買収に向けて、企業再生ファンドと手を組んだ契約を締結したことが明らかにな…
  3. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る