人工甘味料アスパルテームに発がん性の可能性 WHOの専門家が指摘

人工甘味料のアスパルテームが発がん性を持つ可能性があるとして、世界保健機関(WHO)の専門機関が指摘しました。ただし、WHOの担当者は「摂取が自動的に健康への影響につながることを示すものではない」と、企業や消費者に冷静な対応を促しています。

WHO傘下の国際がん研究機関(IARC)や、WHOと国連食糧農業機関(FAO)の合同食品添加物専門家会議(JECFA)がそれぞれ示した内容を考慮すると、こういった結論に結びつきます。

アスパルテームは、チューインガムから清涼飲料まで、食品や飲料業界で幅広く利用されている人工甘味料です。低カロリーの特性を活かしたもので、ダイエットを目指す人々にとっては選択肢の一つとなっています。

IARCはアスパルテームの発がんリスクを、4段階のうち下から2番目の「2B」に指定しました。これは、発がん性に関する証拠が限定的であることを示しています。一方、JECFAはアスパルテームに対する証拠が確定的であるとは言えないとした上で、体重1キロ当たり1日40ミリグラム未満という許容摂取量を推奨しています。

審査に関与していない専門家たちは、アスパルテームとがんとの因果関係が薄弱であると主張しており、食品業界の一部ではアスパルテームの安全性を再認識し、砂糖の摂取を控えたい人々にとって選択肢の一つだと述べています。

体重60〜70キロの人は炭酸飲料で9〜14缶摂取できる

WHOの説明では、体重60〜70キロの人が摂取できるアスパルテームの量は、炭酸飲料で9〜14缶相当だとしています。これは一般的な消費量の約10倍に達するということで、「頻繁に摂取しないならば、大半の消費者にとってリスクは生じないことがうかがえる」と、WHOの栄養・食品安全担当ディレクターのフランチェスコ・ブランカ氏は述べています。

しかし、人工甘味料が体重管理に有効であるという証拠が見つかっていないという認識もWHOから示されており、それを踏まえてフランチェスコ・ブランカ氏は「消費者が甘味料入りと砂糖入りのどちらのコーラを飲むか決断を迫られているなら、私は第3の選択肢を検討するべきだと思う。それは水を飲むことだ」とコメントしました。

この1件についてネット上では、「自分は添加物の表示を確認して買わないようにしていた」「人工甘味料を摂取するとお腹が張り苦しいので10年ほど前から避けていました」「健康に良いとか悪いとか以前にシンプルに不味いので避けてます」など、アスパルテームを含めた人工甘味料に対し、否定的な意見を多く寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「「過保護」と「過干渉」子どもに及ぼす悪影響とその対処法」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子育て中のみなさんは「過保護」や「過干渉」になっていませんか?子どものためと思ってやっていることが「…
  2. 京都大学高等研究院の斎藤通紀教授らは、ヒトのiPS細胞から卵子の元となる「卵原細胞」を大量に作り出す…
  3. 東京都の合計特殊出生率が0.99となり、全国で唯一1を下回る結果となりました。厚生労働省が5日に発表…

おすすめ記事

  1. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  2. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  3. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る