ロールス・ロイスが新たな航路へ 初のEV「スペクター」の試験プログラムが完了

英国の名門自動車メーカー「ロールス・ロイス・モーター・カーズ」がいま、歴史的な節目に立っています。ロールス・ロイスは6月9日、ブランド初のEVで大型2ドアクーペ「スペクター」の、グローバル・テスト・プログラムが終了したと発表しました。

グローバル・テスト・プログラムでの走行距離はなんと250万km。極限ともいえるマイナス40度からプラス50度までの範囲で、長期間に及ぶテストが実施されました。車両開発の期間だけでも、合計で5万時間以上を要したとのことです。

現在のところ、スペクターの最終スペックは発表されていませんが、EVパワートレインのモーターは最大出力585hp、最大トルク91.8kgmを誇ります。これらの力強いパワートレインにより、0から100km/hの加速はわずか4.5秒で可能にします。

また、一度の充電で最大520kmもの航続ができる見通しで、納車開始は2023年第4四半期(10〜12月)を予定しているとのこと。

このスペクターは、伝統と革新が見事に融合したロールス・ロイスの新たな挑戦です。革新的な電気技術と、品質への妥協なき追求が見事に融合したこのモデルに、世界中から注目が集まっています。

ネット上では、「車重が何トンか気になる」「王族や誰かを運ぶような用途だと最適かもしれない」などの声が寄せられています。

グローバル・テスト・プログラムとは?スペクターについて

ロールス・ロイスが自社の新型EV「スペクター」を試すために用いたのが、グローバル・テスト・プログラムです。これは、車両の性能を最大限に引き出すための試験プログラムで、250万kmに及ぶ走行距離と、極端な温度条件下での試験が実施されました。

このグローバル・テスト・プログラムは、自動車開発の一部として行われる重要な試験であり、この試験の結果、「スペクター」は厳しい環境における性能と耐久性を証明しました。

ロールス・ロイスのエンジニアリング・ディレクターは、「このように優れた自動車には卓越したテスト・プログラムが必要であり、この度スペクターがロールス・ロイス車の中で最も困難な数々のテストを完了したことを大変誇りに思います」と語っています。

この言葉から分かる通り、「スペクター」は400年以上の使用を想定した歴史的かつ比類のないプロセスを完了しました。グローバル・テスト・プログラムを経て、音響性能やコーナリング時の安定性、ステアリングの正確性、充電時間など、数々の要素が改良されたとのことです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…
  2. 遺伝子改変ブタの腎臓移植を受けたリチャード・スレイマン氏(62)が、手術から約2ヶ月後に亡くなりまし…
  3. 「国産初の新型コロナワクチン 遅きに失したワクチン研究開発費67億円はアメリカの1割」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    COVID-19(新型コロナ感染症)が2019年からの感染拡大により、世界中で大きな影響を与えました…

おすすめ記事

  1. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  2. 2024-3-7

    伊藤忠商事がビッグモーターを買収 「ビックリモーター」など新社名の予想始まる

    伊藤忠商事がビッグモーターの買収に向けて、企業再生ファンドと手を組んだ契約を締結したことが明らかにな…
  3. 2024-4-17

    スノーピーク、株式公開買い付け成立で上場廃止へ 買い付け総額は約340億円

    スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る