小銃発砲事件で自衛隊員2人が死亡、1人が重傷 陸上自衛隊射撃場での惨劇

岐阜市の陸上自衛隊日野基本射撃場で衝撃的な事件が起こりました。小銃が発砲され、その結果3人の自衛隊員が死傷したのです。

事件を起こしたのは自衛官候補生(18)の男で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕されました。52歳の隊員が胸部を2発撃たれており、同時にほかの2名も1発ずつ被弾しました。

候補生の男は合計で4回発砲し、そのうち2発を52歳の隊員に向けたと考えられています。岐阜県警などは、52歳の隊員を狙った可能性があるとして捜査を進めています。

事件当日の14日は、4月入隊の候補生教育のうち、4回ある実弾射撃訓練の最終日でした。この訓練では技能判定のための「検定」が行われ、撃たれた3人はいずれも射撃の指導役でした。全員がヘルメットを被っていたものの、防弾チョッキを着用していなかったため銃弾が直撃。その後、病院に搬送されました。

捜査関係者への取材では、死亡した25歳の隊員に対する容疑について、男は発砲の事実を認めてはいますが、殺意を否認しています。現在、岐阜県警が事件の詳細を調査中で、自衛隊の警察に当たる陸自の中部方面警務隊が取り調べを引き継ぎます。

ネット上では、「殉職された隊員のご冥福と重症者の早期回復を祈ります」「頭数を揃えるために何でもかんでも入隊させるというのはやめた方が良い」「この事件に対して激しい怒りと悲しみを感じます」などの意見が寄せられました。

輸送先の病院で52歳と25歳の男性2人の死亡が確認された

銃弾を受けた自衛隊員3人は病院に搬送され、その後搬送先の病院で、52歳と25歳の男性2人の死亡が確認されました。もう1人の25歳の男性は重傷です。

事件現場では「隊員の方のすごい叫び声が聞こえた」「『早くしろ』『AEDを探せ』と聞いた」などの目撃情報があがっています。この1件を受け、浜田靖一防衛大臣は「この事案に対して国民の皆様に大変ご心配をかけたことを、心からお詫び申し上げたいと思います。大変申し訳ございませんでした」と謝罪しています。

また、陸上幕僚長である森下泰臣氏は、「新隊員教育中でしたので、教育が適切になされていたのか、実弾の安全管理がどうだったか、我々も調査していきたい」と述べており、その上で「調査委員会を立ち上げる」ことを明らかにしました。陸上自衛隊は全国の射撃や爆破訓練を一旦中止するとしています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「日本の医療費は高い?海外の医療システムとの比較について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    日本の医療費は増大の一途をたどっていることをご存知ですか?医療費が増大すると、高齢化社会とともに保険…
  2. 神戸須磨シーワールドグランドオープン
    2024年6月1日(土)、西日本初となるシャチのパフォーマンスを楽しめる水族館「神戸須磨シーワールド…
  3. 一関市の会社員・大滝洸氏(27)は手術を受けることなく、女性から男性への戸籍上の性別変更が認められま…

おすすめ記事

  1. 「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所

    2024-4-22

    「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)に懲役9年罰金800万円の判決(2024年4月22日)

    2024年4月16日11時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の判決裁判…
  2. 2024-5-18

    広島・安芸高田市の石丸伸二市長が東京都知事選挙に立候補 東京一極集中の是正を目指す

    広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…
  3. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る