ジョージ・ソロス氏の息子アレックス氏が資産3兆5,000億円を受け取る

世界的な慈善家である富豪のジョージ・ソロス氏は、自身が運営する「ソロス・ファンド・マネジメント」という金融・慈善活動団体を、37歳の息子アレックス氏に受け渡したと発表しました。この団体の資産は、250億ドル(約3兆4,700億円)にまで上ります。

ハンガリー出身で米国の国籍を持つジョージ・ソロス氏は、11日付のウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューで、息子アレックス氏が「それだけの働きをした」と述べています。

ソロス一族は長年にわたり、世界各地で民主主義の構築を支援するための資産を投じてきました。近年では、反ユダヤ主義の陰謀論への対策に注力していました。

息子のアレックス氏は、ソロス一族のなかでも特に団体の活動に関与しています。彼は「ソロス・ファンド・マネジメント」の投資委員会に所属しており、一族と同団体の250億ドルを管理しているとのことです。

2022年12月には、ジョージ・ソロス氏が設立した「オープン・ソサエティ財団」という、慈善団体の会長職も引き継いでいます。その上、「特別政治活動委員会(スーパーPAC)」の管理も一任されていました。

アレックス氏は「政治からお金をなくしたいのは山々だが、向こう側が(大金をつぎこんだ活動を)している以上、こちらもせざるを得ない」と、ドナルド・トランプ前大統領が2024年大統領選に出馬していることに対し、対抗する運動を実施すると述べています。

息子アレックス氏は民主主義を支えるための活動を推進

息子アレックス氏は父親の活動を受け継ぎ、言論の自由、刑事司法改正、少数者や難民の権利、そしてリベラル派政治家の支援など、多岐にわたるテーマの活動を進めていく方針であるとのことです。

一方で、米国の国内課題をこれまで以上に重視しながら、投票権、人工妊娠中絶、ジェンダー平等への取り組みなども推進していくとしています。

アレックス氏は父親とは異なり、社交界での活動が注目されることが多く、「派手で華やかな」社交活動として広く知られています。その一方で、アマゾンの奥地を訪ねたり、人権擁護団体「グローバル・ウィットネス」の理事を務めたりなど、意外な一面を持ち合わせているのが特徴です。

今回の1件を受け、ネット上では「それにしてもすごい資産」「財団作って第三者への寄付に充てるもの作ってほしかった」「なんだか残念」など、さまざまな意見が寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「アドラー心理学による子育て 現代社会で重要視される理由」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子育てに関して調べると、必ず出てくるのが「アドラー心理学」。最近、非常に注目されていて、子育てで調…
  2. DMM.comグループの暗号資産交換業者であるDMM Bitcoin社は5日、グループ内から550億…
  3. 「利益の少ない小児医療の課題 進まない医療機器開発」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医学の世界でも日々開発されている医療機器。このような医療用の工業製品の開発では製品を作成する工学系の…

おすすめ記事

  1. 神戸須磨シーワールド

    2024-5-30

    シャチパフォーマンスが楽しめる「神戸須磨シーワールド」がグランドオープン前に関係者向けイベントを開催

    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…
  2. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  3. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る