メルセデスベンツに「ChatGPT」を試験搭載 MBUX搭載の約90万台が対象

メルセデスベンツは15日、音声で車内の機能を操作するシステムに、AIチャットボット「ChatGPT」を試験的に搭載すると発表しました。試験運用は米国で行われ、対象となるのは「MBUX」を搭載した90万台以上の車両です。

「ハイ、メルセデス」と呼びかけて起動する音声アシスタントに、いま話題のChatGPTを組み合わせることで、より直感的なものにすることを狙っています。この音声アシスタントは、既にスポーツや天気の最新情報の提供、周囲の環境に関する質問への回答、スマートホームの操作といった機能を備えています。

メルセデスベンツはこれまでも便利なシステムを導入してきましたが、今回のマイクロソフトとの提携により、より自然な会話に近いやり取りを可能にし、詳細な情報提供や多岐にわたる質問への回答が可能になるとのことです。

ChatGPTの導入により、音声コントロールの補完と自然言語の理解力向上を目指し、対応可能なトピックの拡大を試みます。なお、利用者のセキュリティやプライバシーは保護した上で、得られたデータをクラウド上で分析・蓄積していくとのこと。

メルセデスベンツによると、自動車の音声操作にChatGPTを採用するのは初めてだと言います。この新たな試みがどのような効果をもたらすのか、業界からも注目が集まっています。

ChatGPTの世界の利用状況|日本では利用率7%にとどまる

ChatGPTはいま、ビジネス分野において広範囲で利用されています。ChatGPTは特に言語理解や質問応答、言語生成、文章分類といった領域が得意であり、業務効率化の一助となっています。

その一方で、ファクトチェックや機械翻訳、長文処理、エンターテインメントといった領域では、多くの課題を抱えているのが現状です。

MM総研がまとめたChatGPTのビジネスでの利用動向調査によると、日本における利用率は7%にとどまります。一方で米国では、半数以上がChatGPTを積極的に利用しているとのことです。

日本と米国での利用率に開きがあることが、MM総研の調査で明らかとなりました。また、MM総研は日米の企業や団体の社員を対象に調査を行った結果、新技術の活用に積極的な企業がChatGPTを導入している段階であることがわかりました。

特に、エネルギーや情報通信、学術研究といった分野では導入の積極性が顕著です。しかし、日本における認知度はまだ十分とは言えず、4割以上の人が「ChatGPTを知らない」と回答しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 俳優の中尾彬氏(81)が心不全のため、5月16日に亡くなりました。妻である池波志乃氏が、所属事務所の…
  2. 13日午前、東京都千代田区にあるつばさの党本部が、警視庁の捜査員によって家宅捜索されました。これは、…
  3. 「トクホって大丈夫?6,500億円市場の特定保健用食品との付き合い方」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    特定保健用食品(トクホ)は、1991年に日本で制度がスタートし、国際的にも注目されているブランドの一…

おすすめ記事

  1. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  2. 2023-10-31

    「頂き女子りりちゃん」が3度目の逮捕 だまし取る手口をマニュアル化 被害総額は2億円以上

    「頂き女子りりちゃん」と名乗り、恋愛感情を背景に多くの男性から現金をだまし取ったとして渡辺真衣容疑者…
  3. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る