MicrosoftがAppleの時価総額を上回る 約2年ぶりに首位を獲得

米国株式市場では11日、Microsoftの株価が上昇した影響でAppleの株価を追い抜き、首位を奪還しました。Microsoftの株価がAppleを上回るのは、2021年以来初となります。

Microsoftの株価は一時的に2%上昇し、時価総額は2兆9,030億ドルに達しました。一方、Appleは約0.9%の下落を記録し、時価総額は2兆8,710億ドルにとどまりました。

この株価動向は、今年に入って証券会社2社がiPhoneなどのApple製品への需要減少に対する懸念を示したことに起因しています。これにより、Appleの株価は年初来約3.3%下落しましたが、Microsoftは逆に1.8%の上昇を見せています。

アナリストのギル・ルリア氏は、「Microsoftは急速に成長しており、生成AI革命からより多くの恩恵を受けている。MicrosoftがAppleを追い抜くのは当然」と述べています。2023年、Appleの時価総額は12月14日にピークの3兆810億ドルに達し、年間取引を48%高で終えました。

これに対し、Microsoftは57%の価値増加を遂げています。現在、Microsoftをカバーする証券会社の約90%が買いを推奨しているなど、Appleに対する証券会社の見方は分かれています。株価収益率(PER)では、Apple株は過去10年間の平均19倍を上回る28倍で取引されており、Microsoftは24倍を上回る31倍の水準にあります。

ネット上では、「Appleは最近急速に評価が下がりつつある。理由はネタ切れだろう」「AIだけでなく、ゲームでもMicrosoftの存在感が高まっているように感じます」などの意見が寄せられています。

12日の株式市場、MSは株価388.47ドルで取引を終了

12日の株式市場において、Microsoftの株価は388.47ドルで取引を終了し、時価総額は2兆8,900億ドルに達しました。一方、Appleは185.92ドルで取引を終え、時価総額は2兆8,700億ドルにとどまりました。

この変動の背景には、Microsoftの生成AIへの成功が大きく寄与しています。2023年にナデラCEOの下でAI分野への巨額投資が行われ、自社製品に対話型AI「ChatGPT」を導入するなどしています。

一方、AppleはiPhoneの売上低迷など複数の課題に直面しており、中国での購入規制の報道が影響していると見られていますが、中国政府は現時点で規制の施行を否定しています。Apple製品の不振は競合他社、特にHUAWEIのシェア拡大に繋がっている現状もあります。株価の動向について、Microsoftはコメントを控えています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. IT大手の米Googleは11日、ブラジルで携帯電話の盗難対策となる新機能の提供を発表しました。同国…
  2. DMM.comグループの暗号資産交換業者であるDMM Bitcoin社は5日、グループ内から550億…
  3. 京都大学高等研究院の斎藤通紀教授らは、ヒトのiPS細胞から卵子の元となる「卵原細胞」を大量に作り出す…

おすすめ記事

  1. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 2024-5-15

    大阪王将のナメクジ大量発生事件 元従業員が偽計業務妨害罪で起訴

    2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
ページ上部へ戻る