車いすテニスの小田凱人選手 男子シングルス史上最年少でウィンブルドン制覇

ウィンブルドン車いすテニス男子シングルス決勝で、小田凱人選手が地元イギリスのヒューウェット選手を相手に6-4、6-2で下し、6月の全仏オープンに続いて四大大会連覇を達成しました。

第1セットでは1-4から見事に逆転し、セットを奪取。さらに第2セットでは、最初のサービスゲームをブレイクされて0-2と不利に追い込まれますが、序盤の不利を挽回して6ゲームを連取しました。

小田凱人選手は17歳69日で、ウィンブルドンの男子シングルスで史上最年少優勝を達成しました。小田凱人選手は試合後の優勝スピーチで、「私はまだ17歳なので、シャンパンを開けたい気分だけど、それはできないので、スパークリングウォーターを飲もうと思います」と語っています。

ウィンブルドンの公式Twitterもこの1件を取り上げ、「ウィンブルドン制覇のお祝いを楽しんでいただければ幸いです」とコメントしました。ネット上では、「凄い選手が現れた」「車椅子テニス歴代圧倒的ナンバーワンのイケメン」「現状、この世界ではもはや一強ですね」などのコメントが寄せられています。

小田凱人選手のプロフィール|経歴や大会成績

小田凱人選手のプロフィールページによると、9歳のときに骨肉腫となり車いす生活が始まり、その1年後の10歳から車いすテニスをスタートしました。18歳以下の世界No.1決定戦「世界Jr.マスターズ」でシングルス・ダブルスの優勝、世界Jr.ランキング1位などのタイトルを最年少で獲得しています。

2021年には、「BNP PARIBAS WORLD TEAM CUPジュニアカテゴリ」で日本の初優勝に貢献し、「ITF車いすテニスジュニアオブザイヤー2021」も受賞しました。「2022 BNP PARIBAS WORLD TEAM CUP」では、男子日本代表として史上最年少で出場。その活躍は止まらず、全仏オープンでは16歳23日で最年少出場を果たし、ベスト4に名を連ねました。

さらに「NEC WHEELCHAIR SINGLES MASTERS」では、当時世界ランキング1位のアルフィー・ヒューエット選手を破り、大会史上最年少出場と優勝を同時に飾りました。そして、2023年の全豪オープンで準優勝を達成するなど、車いすテニス界のトッププレイヤーとして注目されています。

そんな小田凱人選手の目標は「史上最年少世界シニアランキング1位」と「病気と闘う子供たちのヒーローになる」の2つ。今後のさらなる活躍に期待が高まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 地球温暖化対策の新たな切り札として、高知県大月町の黒潮生物研究所が注目を集めています。2023年5月…
  2. 「日本の医療費は高い?海外の医療システムとの比較について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    日本の医療費は増大の一途をたどっていることをご存知ですか?医療費が増大すると、高齢化社会とともに保険…
  3. 一関市の会社員・大滝洸氏(27)は手術を受けることなく、女性から男性への戸籍上の性別変更が認められま…

おすすめ記事

  1. 2024-5-18

    広島・安芸高田市の石丸伸二市長が東京都知事選挙に立候補 東京一極集中の是正を目指す

    広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…
  2. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  3. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る