全米映画俳優組合がストライキを開始 俳優と脚本家の同時ストは63年ぶり

全米映画俳優組合は14日、映画業界に大きな影響を与えるストライキを開始しました。このストライキの影響は深刻で、作品への出演や宣伝活動が全面的に制約されており、その結果、一部で新作公開イベントが中止になったり、来年公開予定の新作映画の撮影が取り止めになったりなど、映画業界全体に影響を与えています。

具体的には、新作ドラマ『スペシャル・オプス・ライオネス』の出演者がレッドカーペットに登場するイベントがロサンゼルスで予定されていましたが、このストライキが影響して中止に。このイベントでは、ゾーイ・サルダナ氏やニコール・キッドマン氏などが出演する予定でした。

また、5月から続いている全米脚本家組合のストライキに俳優組合が加わったことで、影響がさらに拡大しています。予定されていた『ミッション・インポッシブル』シリーズの続編、『デッドプール3』、『グラディエーター2』の撮影は中止に追い込まれました。映画業界全体が、今後どう動くのかに注目が集まります。

ネット上では、「このストライキにより映画の制作が遅れそうで嫌だ」「アメリカって思い立ったらこうして行動に移せるから凄いな」「本当にAIだけが原因だろうか」などの意見があがっています。

ハリウッド俳優のストライキはなぜ起こっている?

全米映画俳優組合の大規模ストライキにより、映画業界全体が大きく揺れています。数千人にも上る俳優たちが一丸となり、公正な利益分配と労働条件の改善などを求めて立ち上がりました。このストライキは年末まで続くとの予測もあり、映画業界にとって重大な問題になっています。

ストライキが起こっている理由は主に2つです。1つ目は、映画業界で広がりつつあるAI技術からの保護強化。2つ目は、映画やテレビのビジネスモデルが劇的に変わる中での、動画配信による作品使用報酬の引き上げという問題です。

俳優労組「映画俳優組合-アメリカ・テレビ・ラジオ芸術家連盟(SAG-AFTRA)」によるストライキは14日から始まり、このストライキにはジェイソン・サデイキス氏やスーザン・サランドン氏といった著名な俳優たちが参加しています。

5月から始まった脚本家労組「アメリカ脚本家組合(WGA)」によるストライキも続いています。そして驚くべきは、俳優と脚本家のストライキが同時に行われるのは、1960年以来となる63年ぶりということです。このストライキが続けば、現在制作中の主要映画作品に影響が出る可能性があると懸念されています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「トクホって大丈夫?6,500億円市場の特定保健用食品との付き合い方」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    特定保健用食品(トクホ)は、1991年に日本で制度がスタートし、国際的にも注目されているブランドの一…
  2. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…
  3. 花粉症が嫌われる理由は多くの人にとって明白ですが、意外な利点があることが最近の研究で明らかになってい…

おすすめ記事

  1. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  2. 2024-4-17

    スノーピーク、株式公開買い付け成立で上場廃止へ 買い付け総額は約340億円

    スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…
  3. 2023-10-31

    「頂き女子りりちゃん」が3度目の逮捕 だまし取る手口をマニュアル化 被害総額は2億円以上

    「頂き女子りりちゃん」と名乗り、恋愛感情を背景に多くの男性から現金をだまし取ったとして渡辺真衣容疑者…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る