伊藤忠商事がビッグモーターを買収 「ビックリモーター」など新社名の予想始まる

伊藤忠商事がビッグモーターの買収に向けて、企業再生ファンドと手を組んだ契約を締結したことが明らかになりました。この動きは、ビッグモーターが直面している経営上の課題を乗り越えるための重要な一歩とみられています。

伊藤忠商事は子会社の伊藤忠エネクスやジェイ・ウィル・パートナーズと協力し、ビッグモーターの資産査定を含むさまざまな評価作業を実施しました。その結果、事業の再建が現実的であるとの結論に至り、正式に支援を表明しました。6日の発表では、「事業再建が可能であり取り組み意義があると判断した」と伝えられています。

新たな事業構造では、ビッグモーターは分割され、主力の中古車事業は新設される会社へと継承されることになります。このプロセスでは、創業家の経営への関与が排除されるとともに、社名の変更も検討されているようです。

ビッグモーターは公式ホームページを通じて、「お客様をはじめ関係者の皆様に、多大なご不便・ご心配をおかけいたしましたこと、改めまして深くお詫び申し上げます。引き続き、お客様、お取引先様及びその他関係各所の皆様からの信頼回復に向けて、全力を尽くしてまいります」とコメントしています。また、新会社の発足は4月後半を予定していることも示しています。

「ファミマモーター」「ビックリモーター」 など、新社名の予想始まる

2023年、ビッグモーターの保険金不正請求疑惑が発覚しました。車をわざと傷つけて保険金を水増し請求するなど、その悪質な行為が顕になり世間を賑わせました。

また、店舗前の街路樹に除草剤をまいて枯らすといった非常識な行動も。その後の謝罪会見では、代表取締役の兼重宏行氏が「全てのステークホルダーの皆さまに、深くおわび申し上げる」と謝罪しています。

しかし、「謝罪会見のNG例」としてネット上では炎上し、痛烈な批判を受けました。そして今回のビッグモーターの社名変更に対し、SNS上でさまざまな予想が始まっています。「ファミマモーター」や「ビックリモーター」といった冗談混じりの候補が挙がっている一方で、「エネクスモーター」という真面目な予想も存在します。

また、ジャニーズ事務所が「SMILE-UP.」という名称に変更したことを踏まえ、「スマイルモーター」という社名を推すユーザーも現れました。過去に保険金不正請求疑惑が表面化し、顧客離れが進んだビッグモーターにとって、社名変更は新たなスタートを切るための重要なステップとなりそうです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  2. マサチューセッツ総合病院は3月21日、遺伝子を改変したブタの腎臓を末期腎不全を患う62歳の男性患者に…
  3. Samsung(サムスン)電子ジャパン株式会社は3日、ハイブリッド型のAI技術を搭載した最新フラッグ…

過去よく見られている記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-24

    若手の化学系研究者から見た生成AI

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「若手の化学系研究者から見た生成AI」(ライ…
  2. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-25

    AIで変わる未来と変わらない私達

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「AIで変わる未来と変わらない私達」(ライタ…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る