大谷翔平投手、2年連続でハンク・アーロン賞に選出されず 受賞はジャッジ外野手

9日(日本時間で10日)、大リーグ機構がハンク・アーロン賞の受賞者を発表。エンゼルスの大谷翔平投手は2年連続で受賞ならず、アメリカンリーグ(ア・リーグ)では、ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が選ばれました。

そもそもハンク・アーロン賞は、メジャーリーグベースボールの賞の1つであり、ア・リーグとナ・リーグから、その年に最も活躍したそれぞれの打者をファン投票などで選出するというものです。

大谷選手はメジャー自己最多の157試合に出場し、打率.273をマークしました。さらに大谷選手は打者としてだけでなく、二刀流の投手としても大活躍。

ア・リーグでは大谷選手やジャッジ選手、マイク・トラウト外野手など、計8人が最終候補入りを果たしました。しかし、ハンク・アーロン賞に選ばれたのは、今季リーグ記録を塗り替える62本塁打を放ち、131打点とともにリーグ2冠を成し遂げたジャッジ選手です。

受賞したジャッジ選手は、打点131、得点133、出塁率4割2分5厘、長打率6割8分6厘という成績で、両リーグトップの活躍となりました。

なお、ナ・リーグでは、カージナルスのポール・ゴールドシュミット内野手が選出。打率3割1分7厘、35本塁打、打点115という成績でした。

ハンク・アーロン賞では投手としての活躍は加味されない

大谷選手がハンク・アーロン賞に選ばれなかったことで、ネット上では「納得できない」「なぜ大谷選手ではないのか?」などの声が一部あがっています。確かに、大谷選手は今季も打者・投手として、ともに輝かしい成績を残しました。

しかしハンク・アーロン賞では、投手としての活躍は一切加味されず、打者の成績のみで判断されます。そのため、大谷選手がいくら投手として活躍していても、ほぼすべての打者成績で上位を獲得していたジャッジ選手が選出されてしまうのです。

そのことを理解している野球ファンたちは、「MVPはジャッジで異論ない」「圧倒的にジャッジ」「大谷もすごいけど打者としてはジャッジだ」など、納得の意見を発信しています。

大谷選手がハンク・アーロン賞に選出されなかったとはいえ、二刀流を維持してシーズンを完走し、8人の候補リストに入っていたことは称賛に値します。二刀流で打撃レベルがMLB屈指なのは大谷選手だけなので、もしかしたらルールが彼に追いついていないだけなのかもしれません。大谷選手の今後のさらなる活躍に注目したいところです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 改正プロバイダー責任制限法が5月10日の参院本会議で可決され、成立しました。この改正法により、SNS…
  2. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…
  3. 2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…

おすすめ記事

  1. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  2. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…
  3. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る