大谷選手が2年連続で「2桁勝利、2桁本塁打」を達成 800億円以上の超大型契約か

エンゼルスの大谷翔平選手(29)が9日、ジャイアンツ戦に先発登板し、6回1失点に抑える力投で勝利を収めました。これにより2年連続で「2桁勝利、2桁本塁打」を達成。大リーグ史上初の記録となりました。

大谷翔平選手は序盤の制球に苦しんだものの、4回以降は安打を許さず、節目の10勝目を飾りました。昨季に続く「2桁勝利、2桁本塁打」の2年連続達成は史上初で、さらに「10勝・40本塁打」の快挙もMLBでは初めてとなります。

米国メディアはこの快挙に対して称賛の声をあげており、「大谷がより多くの歴史を作る」との見出しで速報しました。ニューヨーク・ポスト(電子版)も「野球の歴史に新たな一歩を踏み出した」と評価しています。

絶賛活躍中の大谷翔平選手は、今オフにはフリーエージェント(FA)となります。相次ぐ快挙達成により、総額6億ドル(約860億円)を超える可能性もあるとのことです。

ネット上では、大谷翔平選手の活躍を称賛しつつも、「仮にその額なら取る球団はリスクしかない」「さすがに6億ドルはおかしい」など、ネガティブな意見も寄せられています。

福島良一氏「昨年以上に価値があると言っていいのでは」

大リーグ評論家の福島良一氏は、大谷翔平選手の成績を絶賛しています。「昨年の疲労も残っているとは思うが、ここまで大きな故障もなくシーズンを過ごしていることが、素晴らしい成績を残している要因の1つ」と語った上で、「2年連続の『2桁本塁打、2桁勝利』の達成は当然すごいことだが、昨年以上に価値があると言っていいのでは」と指摘しました。

さらに、米スポーツ専門局のESPN(電子版)が発表したFAランキングでは、大谷翔平選手が1位となりました。この1位評価についても注目されており、「マーケティング上の利益を伴う最高の選手」と評され、6億ドル(約860億円)を超える超大型契約の可能性が指摘されています。

福島良一氏も「6億ドルという額も十分にありえる数字」とコメントしました。なお、現地8月11日に行われたヒューストン・アストロズ戦にて、大谷翔平選手の異星人疑惑が密かに再浮上しています。

公開された動画ではヘルメットにアンテナのようなものが立っており、「この特徴は完全に交信アンテナです」「交信していると思う」などの反応が寄せられました。大谷翔平選手の桁外れのパフォーマンス、人間離れの成績がこのような噂を呼んでいます。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 地球温暖化対策の新たな切り札として、高知県大月町の黒潮生物研究所が注目を集めています。2023年5月…
  2. DMMグループのDMM Bitcoin社から、約482億円相当のビットコインが流出したことが明らかに…
  3. IT大手の米Googleは11日、ブラジルで携帯電話の盗難対策となる新機能の提供を発表しました。同国…

おすすめ記事

  1. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  2. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…
  3. 2023-11-16

    「横浜刑務所で作ったパスタ」3,500食が矯正展で完売 受刑者が残業するほどの人気に

    11月の3連休に開催された「第51回横浜矯正展」で、横浜刑務所製のフェットチーネ麺が脚光を浴びました…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る