19歳、看護の専門学校で出会った彼女は何故か惹かれる雰囲気を持っていた。身長が高いわけでなく、個性的な服を着ているわけでなく、振り返るほどの美女ではない。40人のクラスの中で、グループも違うし話したこともない。

「ねえ、今日の夜ロイヤルホスト行かない?」

連絡先も持っていない彼女から、突然誘われた。え?と聞き返す暇もなく、

「18時でいい?2号線沿いのところね」

勝手だなと思いながらも、はじめて2人で話すことに緊張した。彼女は17時30分に着いたらしく、先に中に入っていた。自分から18時と言ったのに、私が中に入ったときにはもう食事は済んでいた。本日2度目の、勝手だなが頭をよぎる。

学校や恋愛など、取り留めない話をしていたら、自分と性格が真反対だと分かった。私は島育ちで、親が通った小学校・中学校・高校に行き、看護師になりたいと希望は特になく、とりあえず資格を持っていれば何とかなるだろうという気持ちで島から出て専門学校に入学した。親の意見が第一とまではいかないが、親が敷いてくれた安全なレールの上を歩くタイプだ。

そんな私に比べ、彼女は探検心の塊だった。これからどうしていくか考えたこともない、行き当たりばったりで人生を歩んでいくタイプだ。私が彼女に惹かれる理由が分かった。自分にないものを持っているからだ。

何度か2人で遊ぶことが増えた。20歳を過ぎると、一緒にお酒を飲むようにもなった。おしゃれなランチや買い物をする仲ではなく、お互いが空いた時間に連絡をとり、昼にチェーン店で定食を食べるか夜に居酒屋に行く、そんな関係だ。

看護学校卒業後、彼女は横浜の病院に入社した。私は周りと同じよう、専門学校の隣の系列病院に入社した。神戸からわざわざなぜ横浜に行ったのか問うと、

「理由とか分かんない、違う空気を吸いたくて関東って感じ?」

はあ、本当に理解できない。でもそんな彼女の生き方が羨ましかった。しっかり自分の軸を持っていて他人に流されない。もちろん人間関係で悩んでいる姿は見たことがない。

看護師になり3年目、職場にも慣れてきて淡々と過ぎる毎日に飽き飽きしていた。資格さえあれば、と看護師になったため、自分の人生はこれで良いのか考えるようになった。そんな時、彼女から実家に帰るとの連絡があり、久ぶりに2人でお酒を飲んだ。

彼女は半年で退職し、その後働いた脱毛サロンも半年で退職、現在はトラベルナースとして働いていた。旅行が好きな彼女にとって、天職のようだった。『彼女の生き方が羨ましい』彼女に伝えたことはないが、伝えると真反対の自分が惨めだと思い、言葉を飲み込んだ。その時、酔っぱらった彼女がボソッと言った。

「あんたの生き方が羨ましい。私もそろそろしっかりしないとなあ」

一気に酔いが覚めた。

「模範解答のように生きるのが、親孝行にもなるし正しいんだよ。なんで私はこんな反対の人間なんだろう」

続けて彼女が話す姿を見て、息が詰まる。5秒も経たずに私の心の感情が溢れだした。

「ねえ、私こそ。あんたみたいに軸を持って好きなことをしたいよ。いっつも親の敷いたレールに従って、夢のようなことなんて起きたことないよ。困ったらすぐネットや周りの意見。自分のしたいことなんてできない、ってか無いんだけどね」

どんどん出てくる言葉を吐き捨てると、彼女は驚いていた。

私たちは、生まれた環境も違うし考え方も違う。彼女に何で惹かれたか、何でもっと話したいと思ったのか、私と真反対の生き方で羨ましかったからだ。そして、私も、彼女にとってそういう存在だったのだ。

5年目になり答え合わせをした気分だった。これからは、時には直感を信じつつも、安定志向の自分に自信を持って生きていこうと思う。私は彼女にあこがれており、そして私もあこがれる存在だったのだから。

ライター名:ホワイトタイガー

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 上空から見た羽田空港(空撮)
    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  2. 米国政府は15日、半導体産業の国内強化を目指し、韓国のSamsungに対して大規模な支援を表明しまし…
  3. 「「金融教育」生きるために子どもにこそ必要な教育」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    諸外国と比較して日本の金融教育は、大きく遅れていると言わざるを得ない状況にあります。今回は、日本の資…

おすすめ記事

  1. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る