初対面の人から受ける影響というのは、意外と大きい。10年以上経った今でも、あの言葉を鮮明に思い出すことができる。

初めて就職したのは、地方の町役場だった。卒業後地元に戻るつもりがなかった僕は、大学所在地の近辺で就職活動をしていた。

「かたっぱしから応募して、最初に内定をくれたところに就職しよう」と意気込んだ結果、奇跡的に1件目で内定をもらう。そこは、行ったことも聞いたこともない、ちいさなちいさな町だった。

見知らぬ土地というだけで、不安になるには十分過ぎる。ましてや人見知りの僕が、知り合いのいないこの町で生きていくには、相当な覚悟と努力が必要不可欠。我ながら、いばらの道を選んだものだ。

そして、相当な覚悟と努力が用意できる前に、僕は役場職員となった。といっても、最初の1週間は研修がメイン。公務員としての基本的な心得や、役場で働く上での規則などを学び、今後の仕事に生かしてほしいとのこと。

しかし、この手の研修が記憶に残ることがあっただろうか。断っておくと、研修そのものを否定しているわけではなく、むしろあった方がいいと思っている。

それを差し引いても、形だけの研修という感覚が否めないのは、僕だけじゃないはずだ。現に、研修の内容なんて覚えていない。あの言葉をのぞいては。

研修の講師は、現職の担当者が交代で務めていた。温厚な雰囲気の人事担当者、厳つい見た目の情報管理担当者、いかにも優秀そうな総務担当者。そして、少し気の強そうな財務担当者。

ラブジェネのキムタクを彷彿させる髪型が、若々しくもあり、猛々しくもある。どちらかというと、僕の苦手なタイプに見えた。キムタクもとい財務担当者の出番になると、彼は講師席に座り、簡単に自己紹介をした。そして、十数人の新人職員に向かって、こう言った。

「役場の仕事なんてつまんねえんだ」

耳を疑った。役場の仕事を始めようとする人にかける言葉ではない。内部崩壊を目論むスパイだろうか。そんなことが一瞬よぎったが、その言葉には続きがあった。

「役場の仕事なんてつまんねえんだ。でも、一生懸命やったら楽しいんだ」

もしかしたら、研修の内容をほとんど覚えていないのは、この言葉の印象が強すぎたからかもしれない。それほどまでにこの言葉は、僕の中に鮮烈に刻み込まれている。

仕事の内容は問題ではない。仕事に臨む姿勢次第で、つまらなくもなり楽しくもなる。言った本人が覚えているかどうか定かではないが、当時の新人職員の少なくとも1人は、これを胸にがんばってきた。

入職して8年が経った30歳のとき、僕は異例の若さで昇格した。昇格したものの、特に給料が上がるわけでもなく、ただ仕事の責任が重くなっただけというのが、正直な感想だった。

するとどうなるか。仕事のモチベーションはほとんどなくなる。コロナ禍の影響もあり、前例のない仕事も増え、心身ともに疲れ果てていた。

それでもがんばれたのは、あの言葉があったからかもしれない。どんな仕事も、一生懸命やれば楽しい。

「初心忘るべからず」とは言い得て妙で、新人職員のときに出会ったあの言葉をもう一度思い出し、僕は一生懸命を再開した。

その甲斐もあり、周りから評価されることが増えたと思う。ていねいな対応が好印象だと、住民の方に言われた。自分が中心となって企画した仕事が、地域の新聞で取り上げられた。初めての議会答弁で堂々と発言し、上司に褒められた。総合計画の原案を作ったら、策定委員会で円満承認された。

ああ、そうか。一生懸命やったことは、巡り巡って自分のもとに帰ってくるのか。自分の中で、なにかがストンと落ちた。これが腹落ちってやつか。

結果的にその役場は退職したわけだが、今でもあの言葉は人生の羅針盤になっている。もちろん、どんなにがんばっても報われないこともあるだろう。それでも、一生懸命を貫くことでなにかが変わると信じて、僕は今日も生きている。

一生懸命やるということ。

それは、だれでもできる幸せへの第一歩なのだと思う。

ライター名:アルロン

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…
  2. トヨタ自動車が発表した2023年度のグループ全体の決算で、営業利益が5兆3,000億円に達し、日本の…
  3. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…

おすすめ記事

  1. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  2. 2023-11-9

    NASAがボイジャー2号のソフトウェアを更新 探査機までの距離はおよそ193億km

    NASAは長期間にわたり宇宙の深遠へと旅しているボイジャー2号の最新の状況を公表しました。ボイジャー…
  3. 「子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-10-22

    子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告

    アメリカの大規模調査では、2022年には71%の子どもたちがゲームをしていると答えています。日本の2…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る