世界初の「歯生え薬」の治験が2024年からスタート 臨床ボランティアを募集

歯が抜けてしまっても新たに生えてくる時代が近づいています。大阪の公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院が歯の再生治療薬を開発中で、2024年7月からの治験開始に向け、その臨床ボランティアを現在募集しています。

治療薬の実用化は2030年を見込み、最初の対象は2〜6歳の無歯症の子供たちです。この再生治療薬は世界初の開発となり、多くの関心が寄せられています。

人間には生まれつき、乳歯と永久歯のほかに「第3生歯」があります。研究班は、この第3生歯の成長を抑える要因を特定し、これをブロックする抗体を見つけ出しました。

この抗体をペレットに投入した結果、マウスの歯の本数を増やす実験に成功したのです。次のステップは人間の治験であり、北野病院の高橋医師は「歯を生やすのは歯医者の夢。院生の頃からずっとそのテーマに取り組んできた。絶対にできると確信がありました」と述べ、治験の開始を明らかにしました。

現在治験で募集しているのは、「先天性無歯症」の症状に悩んでいる人です。再生治療薬の開発が成功すれば、我々の健康生活に大きな影響を及ぼすことになるでしょう。

ネット上では、「副作用とか怖いけど出来るなら試してみたいなぁ」「歯が生えてくる薬は凄いと思う」「歯が生えてくる薬とはびっくりだ」などの声があがっています。

高橋医師の研究開始は1990年代から|約30年を経て治験開始へ

日本の研究チームが、世界初となる「歯生え薬」の開発を推進しています。現在はまだ動物実験の段階で、その結果を元に、2024年7月から人間での治験を始める計画です。

この画期的な取り組みを主導するのは、北野病院の高橋医師です。高橋医師が研究を始めたのは1990年代からであり、およそ30年のときを経て、歯生え薬の治験開始という段階にたどり着きました。彼の夢は、まもなく実現の一歩手前に迫っています。

歯の数が生まれつき少ない「先天性無歯症」という疾患は、人口の約1%が発症し、6本以上の歯が欠損する場合は遺伝が大きく関わっているとされます。この病状は、飲食や会話などの日常生活に影響を及ぼす可能性があるため、長年の課題でもありました。

高橋医師は京都大学大学院で分子生物学を学び、米国留学も経験。そこでの研究から、「1個の遺伝子に変異が入るだけで歯の数が変わる。そこを標的にすれば、歯の数を変えられるはずだ」と考え、現在の研究に取り組んでいます。この歯生え薬により、遺伝による歯の数の不足が改善される可能性があります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 遺伝子改変ブタの腎臓移植を受けたリチャード・スレイマン氏(62)が、手術から約2ヶ月後に亡くなりまし…
  2. 京都大学発のスタートアップであるトレジェムバイオファーマ(京都市)は、9月から歯を生やす抗体医薬品の…
  3. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…

おすすめ記事

  1. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  2. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る