第4回ライティングコンテスト佳作

生成AIという言葉を初めて耳にしたのは、あるエッセイコンテストの募集要項であった。注意事項に「生成AIで作成した作品は応募不可」と書かれていたのだ。それ以来、文芸系のコンテストへの応募を趣味とする私は、募集要項をチェックする度に生成AIについての扱いを気にするようになった。

結果、自身が確認できる範囲ではあるが、エッセイのみならず短歌や川柳等、ほぼ全てのコンテストで生成AIの使用は禁止されていた。確かに生成AIを使った作品を「応募者が考えたオリジナルの作品である」と言えるのかについては難しいところである。例えば、ある者は何日もかけて構想を練り文章を書いたのに落選。

一方、ある者は生成AIにより一瞬でできた文章を少し手直しして受賞。という場合を想定したら、何だか腑に落ちないと感じてしまうのは私だけではないだろう。こうして、私は各主催者の生成AIに対する対応に納得したのであった。

それから数か月後。いつものようにコンテストを探していると、ある新しい試みを取り入れたものを発見した。それは「生成AIで作られた川柳を募集する」というもので、生成AIの認知度の向上や利用者の促進等が目的であるという。

言われてみれば、自分は生成AIの存在について知っているものの、実際に使ったことは一度もなかった。利用したことがないにも関わらず、生成AIによる作品は失格となると理解した気でいた自分が急に恥ずかしくなった。百聞は一見に如かず。私はこのコンテストに応募してみることにした。

インターネットで生成AIの使い方について軽く調べてから、さっそく試してみる。操作は思ったよりも簡単で、「○○についての川柳を作って」と入力するとすぐに返答がきた。そこには三首ほどテーマに沿った川柳が提示されていた。自分で考えたら早くても数十分はかかるのでかなりの時短である。

気になるクオリティであるが、5・7・5の定型で作られているのはもちろん、王道のものからユーモアにあふれたものまであり、まるで老若男女が一首ずつ考えたかのようだった。私は生成AIの技術に驚嘆し、入賞は間違いなしだと確信した。

数か月後、結果が発表された。あの時の自信とは裏腹に応募した川柳は全て選外。入賞者の作品を拝読すると、どれもテーマを的確に捉えた趣深いもので自分が応募した川柳とは雲泥の差であった。

なぜ同じ生成AIを使用しているにもかかわらず、これほどの違いが生じたのか。私は再び生成AIで川柳を作ってみることにした。前回は単純に川柳を作るよう指示しただけだったので、今回は「○○についておもしろい川柳が知りたい」など試しに質問の仕方を色々と工夫してみた。

すると以前よりも個性的な川柳が次々と表示されたのだった。この結果から、生成AIを使えば誰でも創作が可能であるが、人々を楽しませたり感動させたりする”名作”の創作は誰でも可能という訳ではないと痛感した。どんなに良い道具でも使い手次第と言われるように、生成AIもまた利用者によって生み出される作品の質は大きく変わるのである。

以上の経験から、コンテストにおいて生成AIを使用しない作者のオリジナリティを尊重した創作スタイルは伝統的に受け継がれていくだろう。しかし一方で、生成AIの技術には目を見張るものがあり、創作活動において無視し続けることは出来ない。

そこで今後は、生成AIと利用者が共同制作者のような形で創作を行う「生成AI文学」と呼ばれる新たなスタイルが誕生するのではないかと思う。生成AIと利用者のアイデアや文筆力が合わさることで、人間だけでは生み出すことができなかった新たな名作に出会える。その日が今から待ち遠しい。

ライター:桜小町

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. NTTグループは25日、企業や自治体を対象とした、日本語に特化した独自開発の生成AIを用いた新たなサ…
  2. オーストリアに本拠を置くミガルー社は、革新的な「潜水艦型スーパーヨット」のデザイン、「Migaloo…
  3. OpenAIは現地時間3月29日、人の声を再現できる画期的な生成AIモデル「Voice Engine…

過去よく見られている記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-25

    忘れてはいけないもの

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「忘れてはいけないもの」(ライター:ホワイト…
  2. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-24

    若手の化学系研究者から見た生成AI

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「若手の化学系研究者から見た生成AI」(ライ…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る