総務省が楽天モバイルに行政指導を実施 9月に発生した大規模通信障害の件

総務省は9日、楽天モバイルが9月に起こした大規模通信障害の件で行政指導を実施しました。同様の事故を発生させないよう厳重に注意し、同時に再発防止を徹底するよう求めました。

9月4日に発生した同社の通信障害では、約2時間にわたって携帯電話の通話で約11万人、データ通信で約130万人の計およそ141万人が影響を受けました。通信障害中は、一部で110番や119番などの緊急通報も行えなかったとされています。

この件について、総務省は10月17日に同社のデータセンターへの立ち入り検査を実施。設備状況や障害への対応を確認し、最新情報の取得による未然防止や、障害の大規模化を防ぐ対策などの徹底を求めました。

9日午前に、総務省の竹村晃一総合通信基盤局長は「利用者の利益を阻害し、社会経済活動に深刻な影響を及ぼすものであり、同様の事故を発生させないよう厳重に注意する」と述べ、同社の矢澤俊介社長に行政指導の文書を手渡しました。その後、同社の矢澤社長は「顧客にご迷惑をおかけした。安心安全のライフラインとしてしっかりやっていきたい」と、コメントを残しました。

今回の件に対してネット上では、「通信障害が起きたら1秒でも早く告知してほしい」「過去にauもソフトバンクも起こしているので、楽天モバイルだけダメという話にはならない」「楽天モバイルは通信障害関係なしに屋内だと使い物にならない」などの意見があがっています。

通信障害は「ソフトウェア不具合による輻輳」が原因

楽天モバイルは9月に起こった通信障害について、総務省に重大な事故報告書を提出しています。この報告書によると、影響時間は9月4日11時20分頃から13時26分頃までの約2時間6分です。

通信障害の原因は、データセンターのスイッチ装置にソフトウェア不具合が発生し、装置の再起動が発生したためだとされます。これに伴い、切断されたユーザー端末から再起動要求が殺到し、ポリシー制御を司る加入者データベースに輻輳(ふくそう)が起こり、位置登録処理に失敗した端末の通信が不安定になったとのことです。

同社の公式ホームページでは、通信障害の原因を「ネットワーク設備再起動に伴うトラヒック輻輳のため」と説明しています。また、同ページには「お客様にはご迷惑をお掛けしましたことを、深くお詫び申し上げます」と、謝罪の一文が掲載されています。

なお、総務省は2022年度にKDDIとNTT西日本にも通信障害に関する行政指導を行っており、今回の楽天モバイルで3件目となります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 2023年の出生率が過去最低を更新する見通しとなっています。第一生命経済研究所の星野卓也氏の試算では…
  2. 「アドラー心理学による子育て 現代社会で重要視される理由」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子育てに関して調べると、必ず出てくるのが「アドラー心理学」。最近、非常に注目されていて、子育てで調…
  3. LINEヤフーとLINE Payは、日本国内における「LINE Pay」のサービスを2025年4月3…

おすすめ記事

  1. 「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所

    2024-4-22

    「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)に懲役9年罰金800万円の判決(2024年4月22日)

    2024年4月16日11時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の判決裁判…
  2. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  3. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る