築地跡地に5万人スタジアムを再開発 総事業費は約9,000億円

東京都は4月19日、築地市場跡地の再開発計画において、三井不動産を代表とする企業グループを事業予定者として選定したと発表しました。この一大プロジェクトには、トヨタ不動産や読売新聞グループを含む11社が名を連ねています。朝日新聞社も協力企業として参加しており、総事業費は約9,000億円にのぼります。

計画されているのは、最大5万人を収容可能な屋根付きスタジアムや国際会議を想定したホール、高級ホテルなどです。ライフサイエンスの研究開発拠点や、日本の食文化を発信する施設も建設される予定です。これに加え、新しい地下鉄の駅や「空飛ぶクルマ」の実用化に向けたポートなど、未来志向の交通インフラも整備されることが予定されています。

銀座から徒歩圏内にある約19ヘクタールの広大な都有地は、市場移転後、長らく空き地となっていました。2025年度に着工予定で、2038年度までの全面開業を目指すこの再開発は、東京都の新たなランドマークとなることが期待されています。

市場跡地は約70年間の一般定期借地権で事業者に貸し出され、都は年間101億円の収入を見込んでいます。ネット上では、「海の近くで横風凄いんだろうな」「多目的スタジアムじゃ野球スタジアムとしてあんまり魅力的なものにはなりそうもない」「実際に完成するのはいつになるだろう」などの意見が寄せられています。

三井不動産の社長「先進的な環境共生型のまち作りにしていきたい」

築地市場跡地の再開発について、三井不動産の植田俊社長は「築地の歴史を踏まえて、東京の国際競争力を高め、都民に愛され、世界中から人々が集まり、称賛される。そんな魅力的なまち作り、そして先進的な環境共生型のまち作りにしていきたい」と語りました。

再開発エリアは19ヘクタールに及び、最大5万人を収容できる屋根付きの多目的スタジアムが中心となります。注目されているスタジアムでは、野球やサッカーだけでなく、コンサートなどのイベントにも利用されることが想定されています。

読売新聞グループ本社の社長、山口寿一氏は「魅力あるスタジアムというのは当然、私どもとしても使ってみたいという気持ちはあります」と述べた上で、「ただし、巨人軍の移転、本拠地移転を前提として計画をしてきたものでもありませんし、それを前提として企画提案をしてきたものでもありません」とコメントしています。

さらに続けて、「プロ野球の球団にとって本拠地球場の移転というのはなかなか大仕事で、相当な調整も必要になる」と課題について語りました。この再開発は、東京都の将来像に大きく寄与することが期待されています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 大阪大発のスタートアップ企業であるクオリプス社は、世界に先駆けてiPS細胞から作成した心筋シートの製…
  2. 日本製鋼所が、防衛省から装甲車26両を受注したことがわかりました。この受注により、同社の防衛分野の売…
  3. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…

おすすめ記事

  1. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  2. 2024-4-17

    スノーピーク、株式公開買い付け成立で上場廃止へ 買い付け総額は約340億円

    スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る