アイルランドの体操大会で人種差別 オリンピック金メダリストが怒りを声明

オリンピック金メダリストの発言が、世界中で大きな反響を生んでいます。アイルランドで開催された体操大会にて、黒人の少女一人だけがメダルを受け取ることができませんでした。この一件はSNS上で急速に広まり、スポーツにおける公平性の問題がクローズアップされています。

公開された動画は2022年3月の大会で撮影されたもので、一列に並んで順番にメダルを受け取る選手たちの中、黒人の女性だけが順番を飛ばされました。女性は困惑し、悲痛な表情を浮かべています。

この問題に対し、リオ五輪の体操競技で金メダルを獲得したシモーン・バイルズ氏が強く反応。「胸が痛む」とのコメントをX(旧:Twitter)上で公表しました。シモーン・バイルズ氏はこの事件について強く訴えており、少女および彼女の家族と直接連絡を取り合った上で、激励のビデオメッセージを送りました。

その上で、「どんなスポーツにも人種差別があってはならない」と強いメッセージを書き込みました。ネット上では、「謝罪すれば済む問題ではない」「あからさまな差別に驚いた」「気分が悪くなる程の嫌悪感が出る動画でした」などの意見が寄せられています。

シモーン・バイルズ氏の行動とメッセージをメディアが報道

シモーン・バイルズ氏の行動とメッセージは、世界中のメディアからも大きな注目を集めています。英国の『Sky News』は「シモーネ・バイルズが若い黒人体操選手のメダル剥奪を猛批判」という見出しを打ち、「アイルランド体操協会は今回、騒動を引き起こしたことについて、当事者の体操選手とその家族に謝罪を発表した」と伝えました。

同じく英国の日刊紙『Daily Mail』は、「この事件は2022年3月に発生し、メダル授与者に恥をかかされた少女の興奮が悲しみに変わり、視聴者に大きな衝撃を与えた」と伝えた上で、「このビデオについて知らされたバイルズは、嫌悪感を露にした」と報じています。

一方で、アイルランドの日刊紙『The Irish Independent』では、「家族は娘が黒人であるために式典で無視されたと考えているようで、『私たちは体操競技の大会で唯一の黒人家族であることが多く、今回のことで私たちは非常に傷ついた』と語っている」と明らかにしました。

アイルランド体操協会も「あの日に起こったことはあってはならないことであり、深く遺憾に思う」と公式にコメント。選手とその家族に対して直接の謝罪を望んでいましたが、これが拒否されたため、書面にて謝罪の意を表しました。世界中で多くの人々がこのニュースに心を痛めており、スポーツの場での人種差別が一刻も早くなくなることが期待されます。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 日本政府と米Appleが合意に達し、2025年春からマイナンバーカードの機能がiPhoneに搭載され…
  2. 一関市の会社員・大滝洸氏(27)は手術を受けることなく、女性から男性への戸籍上の性別変更が認められま…
  3. 「「過保護」と「過干渉」子どもに及ぼす悪影響とその対処法」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子育て中のみなさんは「過保護」や「過干渉」になっていませんか?子どものためと思ってやっていることが「…

おすすめ記事

  1. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  2. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  3. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
ページ上部へ戻る