外国為替市場で円相場が1ドル=150円台を突破 およそ1年ぶりの水準

外国為替市場で3日午後11時すぎ、円相場が一時1ドル=150円台となりました。その後は円を買い戻す動きも見られ、乱高下しています。これはおよそ1年ぶりの水準です。

背景には、米国の金融引き締めが長期化する見通しがあり、円安が一段と進んだとされます。米国の長期金利は4.8%を上回り、約16年2ヶ月ぶりの水準にまで達しました。

この金利の上昇は日米の金利差が広がることを意識させ、市場で円の売りと利回りの高いドルの買いが加速しました。その後、円相場は一時1ドル=147円台前半まで値上がりするなど、大きな変動が見られています。

3日の東京市場について鈴木財務相は「引き続き、高い緊張感を持って万全の対応をしていく段階」と発言。さらに、1ドル=150円の水準が為替介入の節目になるのか、という疑問に対して「水準そのものは判断基準にならない。あくまでボラティリティの問題」と説明しています。

しかし、鈴木財務相の説明は「米国政府に配慮したポーズである」という意見もあがっています。また、市場関係者は「節目の1ドル=150円となったあとは、日本政府・日銀による円安に歯止めをかけるための市場介入への警戒感が強まり乱高下につながった」とした上で、続けて「アメリカの長期金利の上昇は続いており円安が今後どこまで進むのか、見通せない状況となっている」と述べています。

神田財務官「経済活動に悪影響」「望ましくない」

財務省の神田財務官は4日朝、記者団の取材に応じました。日本政府による市場介入があったかどうかを聞かれると、「市場介入の有無についてはコメントを控えます」と伝えました。

また、「過度な変動が企業や家計の経済活動に悪影響を与えることには変わりはなく、望ましくない」と分析した上で、「『過度な変動』は、さまざまな要素を総合的に判断している。一方向に、一方的な動きが積み重なり、一定期間に非常に大きな動きがあった場合は、それも過度な変動にあたる」と指摘しました。

市場では日銀による為替介入への警戒感が一段と高まっており、今後の動向が注目されています。ネット上では、「日銀は介入しないんですね」「政府日銀が何もしないって言ってるんだから円は安くなる一方だ」「この機会に自給率を上げたらどうだろうか」などの意見が寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. イスラエルメディアは日本時間14日、イランがイスラエルに対して多数のドローンと巡航ミサイルを発射した…
  2. 「あなたのひらめきを支える、デフォルトモードネットワーク(DMN)とは?あえて「集中しない」という選択肢」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    論文や研究がうまくいかずに、悩んでいる方はいませんか?そんな悩みを解決する、脳科学から導き出された考…
  3. 米国政府は15日、半導体産業の国内強化を目指し、韓国のSamsungに対して大規模な支援を表明しまし…

おすすめ記事

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  3. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る