第3回ライティングコンテスト優秀賞

雄大な信濃川の景色を眺めていると、心が洗われる。流れが穏やかな日も、雨で水量が増した日も、凍えるほどの寒さでまわりが雪景色の日も。絶えず流れ続け、その日ごとに表情を変える壮観な景色は、今も昔も心に潤いを与えてくれる。

第3回ライティングコンテスト優秀賞受賞作品「新潟市|自然豊かな「ちょうどよい」地方都市」(ライター:ばしみくさん)の信濃川(新潟市)の写真

新潟市のシンボルである信濃川は水系全体で367km。日本一長い河川として知られている、新潟市民の誇りである。私のふるさと、30年以上暮らす新潟市は自然豊かな街でありながらも、都会的な暮らしが実現できる、まさに住むのに「ちょうどよい」街である。

日本海に面し、山も川もあり自然に恵まれている地方都市。四季折々のあそびを楽しみながら、子どもたちは広い自然のなかでのびのびと育つ。

市内にはスーパーがいくつもあり、買い物は不便なく、飲食店の行列もそれほどない。認定子ども園や保育園も居住地区に点在し待機児童もない。学校も徒歩圏内で通え、学級数が多く、子どもたちの社会性も育める。

休日に体調を崩せば急患があるし、先の感染症で首都圏や離島が満床だとパニックを起こしているときも、新潟では適切な治療が受けられた。

こうした観点から、住むのに「ちょうどよい」街である新潟市が私は大好きだ。

第3回ライティングコンテスト優秀賞受賞作品「新潟市|自然豊かな「ちょうどよい」地方都市」(ライター:ばしみくさん)の新潟市の五頭山(ごずさん)ふもとの写真

ふと郊外に目を向ければ、透明度の高い笹川流れでの海水浴や自然いっぱいの五頭山(ごずさん)ふもとでキャンプや沢あそびを満喫できる。

冬には湯沢町でスキー場がオープンし、十日町(とおかまち)では雪まつりが開催され雪と親しめる。充実した休暇でリフレッシュできるのも新潟県の魅力だ。

新潟の四季は、はっきりとしているため、季節ごとの景観も自慢のひとつである。

春には桜や、県花のチューリップが咲き誇り、さまざまな場所でイベントが開催され大賑わいをみせる。

秋には山々が色づき、たわわに実った稲穂が垂れ下がり、黄金色に輝く景色は息を飲むほど美しい。

見渡す限りの銀世界で子どもたちが元気に雪で遊ぶ景色も冬ならではの新潟の光景。

日本海に沈む夕陽は幻想的で、まるで映画のワンシーンのような絶景に心打たれる。

幼い頃から新潟の豊かな自然を当たり前に見て育ってきた。子どもの情操教育にこれほど適した地域はないだろう。

豊かな自然と四季が織りなす「食」も忘れてはいけない新潟の自慢のひとつ。おいしい空気と水で育てた新潟米は私たち市民の食生活に欠かせない。

日本海近郊で水揚げされた鮮魚や村上牛、糖度が抜群のブランドいちご「越後姫」や洋梨「ル・レクチエ」などは全国に自信をもっておすすめしたい逸品だ。

作付面積は日本1位を誇る枝豆は、夏の訪れを感じさせる風物詩。しかし、出荷額は全国7位にまで落ちる。その理由は、新潟県民は「枝豆が好きすぎて地産地消してしまう」からというおちゃめな一面も愛おしく感じる。

雪国新潟は、昔からの保存法である雪室を活用した食文化が根付いている。雪の力で冷やした天然の冷蔵庫である雪室で、光や乾燥から防いだ「雪室珈琲」や「雪下(ゆきのした)にんじん」がその代表である。
スッキリとしたまろやかな味わいのコーヒーや苦味の少ない甘いにんじんは、一度食べたらそのおいしさにファンになってしまう観光客もいるほど。お土産としても人気の高い商品だ。

第3回ライティングコンテスト優秀賞受賞作品「新潟市|自然豊かな「ちょうどよい」地方都市」(ライター:ばしみくさん)の新潟の絶景スポットの写真

新潟は、魅力的で大好きな街だが、観光の知名度にはいまひとつ欠けるだろう。

絶景が楽しめる名所「美人林(びじんばやし)」や「苗名滝(なえなたき)」「星峠(ほしとうげ)の棚田」や美しい海岸線「笹川流れ」など見どころのある観光地はたくさんある。

わらアートを楽しめる「上堰潟(うわせきがた)公園」や「清津峡(きよつきょう)」などは芸術的な要素も楽しめる上に、映え写真も撮れるため老若男女が満足できるはず。

しかし、これらすべてを知っている観光客は果たして何人いるだろうか?実際に足を運んだことがある人となるとさらに少なくなるだろう。

こうした課題解決のお手伝いができればと思い、私は新潟の観光ブログを運営している。

「新潟のよさ」を「さまざまな人に知ってもらいたい」「興味をもって欲しい」と思い、Webライター、ブロガーとして新潟の観光を支えていきたい。

旅行会社で勤務していた経験を活かし、読者に寄り添った記事を書くことで大好きな新潟が発展し、活性化して欲しいと願っている。

まだ立ち上げたばかりのサイトで成果は感じないが、いち新潟県民として発信をしていきたい。

また、私には2人の息子がいる。子どもたちにも、新潟市で生まれ育ったことを誇りに思って欲しいと願っている。自然豊かな「ちょうどよい」街で培った心で、自分の人生を切り開いて欲しい。
新潟から、日本全国、ひいては世界へと羽ばたいていける人間になってくれれば、この上ない幸せだ。その夢を叶えるために、私は今日も子育てにも仕事にも全力で取り組んでいく。

ライター:ばしみく

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 11日のニューヨーク外為市場で円相場が急上昇し、一時1ドル=157円台半ばをつける場面がありました。…
  2. 宅配大手の佐川急便が、9月2日から「置き配」サービスを本格的に開始すると発表しました。これにより、不…
  3. YOSHIKIが1.1億円などを求める名誉毀損裁判の第3回口頭弁論
    X JAPANのリーダー・YOSHIKI氏が所属する音楽事務所・ジャパンミュージックエージェンシー(…

おすすめ記事

  1. 2023-11-16

    「横浜刑務所で作ったパスタ」3,500食が矯正展で完売 受刑者が残業するほどの人気に

    11月の3連休に開催された「第51回横浜矯正展」で、横浜刑務所製のフェットチーネ麺が脚光を浴びました…
  2. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  3. 2024-5-18

    広島・安芸高田市の石丸伸二市長が東京都知事選挙に立候補 東京一極集中の是正を目指す

    広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第5回ライティングコンテスト_結果発表

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

インタビュー

  1. 受刑者のアイドル・Paix²(ぺぺ)の北尾真奈美さんと井勝めぐみさん
    デビュー直後から精力的に矯正施設で「プリズンコンサート」を行い続けている女性デュオ・Paix²(ぺぺ…
  2. 過去に海外で行われたヨガ
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
ページ上部へ戻る