ニュージーランドで新政権が発足 「たばこ禁止」法の撤廃を決定

ニュージーランドの総選挙で、中道右派の国民党が第1党の座を獲得しました。24日、国民党は友党であるACT党、そしてポピュリスト政党のNZファースト党と共に連立政権の樹立に合意しました。

27日には新政権が発足し、国民党のクリストファー・ラクソン党首が首相に就任。クリストファー・ラクソン首相は記者会見で、国民のために強力で安定した政権を築くという目標を掲げました。

また、連立を組む三党は、2009年以降に生まれた人々に対する紙巻きたばこの販売を禁止する法律を撤廃することで一致しました。この連立政権形成のプロセスは約20日間を要しています。

交渉が長引いた原因は、外国人の住宅購入に関する政策の相違や大臣ポストを巡る争いとされています。特筆すべきは、副首相ポストをNZファースト党とACT党が1年半ずつ担当するという、異例の体制が採用されたことです。

ニュージーランドの選挙制度は、小選挙区制と比例代表制を組み合わせたユニークな形態を取っています。投票結果に応じて定数が変動することがあり、今回の選挙では議席数が122に増加しました。

最終的な議席分布は、国民党が48議席、労働党が34議席、緑の党が15議席、ACT党が11議席、NZファースト党が8議席、マオリ党が6議席を獲得したと報じられています。

ニュージーランドの新政権、「たばこ禁止」法の撤廃を決定

ニュージーランドの新政権が、昨年に成立したたばこ禁止法の撤廃を決定しました。この法律は、2009年1月1日以降生まれの世代へのたばこの販売を禁じ、違反者には最大150万NZドル(約1,360万円)の罰金を科す内容でした。来年7月までに施行される予定だったこの法律は、多くの注目を集めていました。

しかし、クリストファー・ラクソン新首相はこの法律に異を唱え、「国内の喫煙率は下がっている」と強調し、法の施行は闇市場の拡大を招くと主張。同時に、禁煙教育の継続を表明しました。

一方、英国も若者の喫煙率を段階的に下げる計画を発表し、ニュージーランドの方針変更には追随しない構えです。ニュージーランドのウィリス財務相は25日、来年3月までに法律を撤廃し、たばこ販売による増収を減税に役立てる方針を示しています。

この政策変更に対し、ヴェラル前保健相は強く反発し、「喫煙率を下げて8万人の命を救うための措置を、減税のために覆すとは」と非難しました。また、反たばこ団体からも「国民の命がたばこ業界の犠牲になる」との失望の声があがっています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 新興企業ニューラリンクの創設者であるイーロン・マスク氏は2月19日夜、人間の脳内に超小型デバイスを埋…
  2. 2021年3月にLINEとヤフーが経営統合して以来、個人情報のセキュリティ体制に関する課題が明らかに…
  3. 神奈川県大井町の東名高速で起きたあおり運転による追突事故で、一家4人を死傷させた無職の男性(32)に…

過去よく見られている記事

  1. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様

    2024-2-4

    協力雇用主として出所者の再スタートを支援する有限会社ローズリー資源の挑戦

    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
  2. 「魂の殺人と呼ばれる性加害の実情について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-11-5

    魂の殺人と呼ばれる性加害の実情について

    心身に深刻な影響を与え、その後の人生を大きく変えてしまう可能性のある行為である性加害。みなさんはその…
  3. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る