ニューヨークタイムズがOpenAIとMicrosoftを提訴 記事の無断学習に焦点

ニューヨークタイムズは2023年12月27日、ChatGPTの親会社であるOpenAIと同社に出資するMicrosoftに対して訴訟を起こしました。この訴訟の中心にあるのは、ChatGPTの開発における記事の無断使用に関する問題です。

ニューヨークタイムズは、自社の百万以上にものぼる記事がChatGPTのトレーニングに使用されたと主張しています。この行為は著作権の侵害にあたるとして、両社の記事利用方法が「フェアな使い方」の枠を超えていると批判しているのです。

さらに、ニューヨークタイムズはこのようなAI技術が普及することで、新聞業界との競合が生じ、将来的には新聞の購読者数が減少することを危惧しています。この訴訟は、AIが生成するレポートや記事の著作権の問題とは異なり、AIへのアップロード、すなわちインプットの段階に焦点を当てています。

ニューヨークタイムズの記事は、数多くの記者たちの努力と取材によって生み出されています。OpenAIとMicrosoftがそのような労力を省略し、記事を単に利用しているだけだと批判しているのです。この訴訟は、AI技術の使用と著作権の保護という、デジタル時代の大きな問題を浮き彫りにしています。

訴訟はニューヨークの裁判所に提出|陪審員による裁判を希望

この訴訟はニューヨーク南部地区連邦裁判所に提出され、原告側は陪審員による裁判を希望しているとのことです。これは、OpenAIが登記を行ったデラウェア州の法制度に対する周到な戦略です。

デラウェア州衡平法裁判所では、裁判官が閉じた法廷で過去の判例に基づき判決を下す傾向にあるため、過去の「フェアな利用法」の判例が多くある場合、被告側に有利に働く可能性があります。一方で、ニューヨークの裁判所での審理では、陪審員の感情や判断が大きな役割を果たすため、被告に有罪判決が下される可能性が高まるとされます。

これは、生成AI企業が直面する大きな挑戦となるでしょう。企業としての対応、並びに法的な解釈の複雑さが、今後の展開において重要なポイントとなることは間違いありません。

ネット上では、「この訴訟は注目したい」「AIだから禁止というのはどうかと思う」「生成AIを提供する企業は本気で対応を考えないといけなくなる」などの意見が寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「共存か?依存か?生成AIで得られる未来、失…
  2. 2019年11月、群馬県の著名な温泉地、草津町が世界的な注目を浴びる出来事がありました。そのきっかけ…
  3. 最近の研究により、バイアグラなどの男性機能不全(ED)治療薬を服用する男性が、アルツハイマー病の発症…

過去よく見られている記事

  1. 新宿矯正展

    2023-8-30

    新宿矯正展とは?刑務所で作られた製品が多数販売!主催の府中刑務所についても紹介

    2023年8月3日(木)〜9日(水)にかけて、およそ3年ぶりに新宿矯正展が開催されました。現地の様子…
  2. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…
  3. 「魂の殺人と呼ばれる性加害の実情について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-11-5

    魂の殺人と呼ばれる性加害の実情について

    心身に深刻な影響を与え、その後の人生を大きく変えてしまう可能性のある行為である性加害。みなさんはその…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る