NY外為市場、円が対ドルで急伸 141円台に到達 日銀の政策修正観測が影響か

ニューヨークの外為市場では、円が対ドルで急伸し、一時141円台に到達しました。これは約3ヶ月ぶりの高値で、日銀の金融政策修正に対する市場の観測が影響しています。この円の上昇率は約1年ぶりの高さとなり、8日に発表される米雇用統計にも市場の注目が集まっています。

ドル/円は一時3.8%の急落を見せ、取引終盤では2.62%安の143.465円で推移しました。日銀の植田和男総裁は、マイナス金利解除について「その時の経済・金融情勢次第」と参議院財政金融委員会で述べました。コーペイのチーフ市場ストラテジスト、カール・シャモッタ氏はこの発言が日銀のプラス圏金利回帰観測に「ロケット燃料を注いだ」と評しています。

一方、ユーロ/ドルは0.32%高の1.07980ドルを記録。インフレ鈍化や成長鈍化などを背景に、ユーロ圏金利見通しの大幅修正の影響を受けています。しかし、米雇用統計への警戒感から市場のボラティリティは限定的でした。

ユーロは対スイスフランで0.3%高となり、一時は2015年以来の安値に達する場面も見られました。来週、欧州中央銀行(ECB)は年内最後の理事会を開催します。ドル指数は0.586%の下落を記録し、103.54を示しました。米連邦準備理事会(FRB)の3月までの利下げ実施可能性は、約60%と見られています。

ネット上では、「まだまだ140円前半では物価は下がらないと思うが、これをきっかけに円高になって物の値段が下がる方向に向かえばいいのだが」「1ドル110円ぐらいが適正、まだまだ超円安だと思う」「日銀は、早く、マイナス金利政策を解除すべき」などの意見が寄せられています。

NYMEXでは原油先物相場が6日連続で下落

ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)では、原油先物相場が6日連続で下落しました。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の1月物は前日比0.04ドル(0.1%)安のバレル69.34ドルで取引を終え、中国の原油需要減少の観測が売りを優勢にさせました。

一方、ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物相場は、2月物が前日比1.5ドル(0.1%)安の1トロイオンス2046.4ドルで取引を終了しました。これは、11月の米雇用統計の発表を控え、市場の買いが見送られた結果です。

外為市場では円相場が一時1ドル=141円台後半を記録し、荒い値動きとなりました。日銀総裁の発言や、国際通貨基金(IMF)の報道官のコメントが市場に影響を与え、円高・ドル安が進みました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「忘れてはいけないもの」(ライター:ホワイト…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「文学界のニューフェイス、生成AI」(ライタ…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「若手の化学系研究者から見た生成AI」(ライ…

過去よく見られている記事

  1. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…
  2. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様

    2024-2-4

    協力雇用主として出所者の再スタートを支援する有限会社ローズリー資源の挑戦

    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
  3. 「魂の殺人と呼ばれる性加害の実情について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-11-5

    魂の殺人と呼ばれる性加害の実情について

    心身に深刻な影響を与え、その後の人生を大きく変えてしまう可能性のある行為である性加害。みなさんはその…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る