教育分野のデジタル化推進が決定 FAX利用と押印を原則廃止の方針固める

2023年12月20日、政府は第3回デジタル行財政改革会議において、教育分野における抜本的なデジタル化推進を決定しました。この会議では「デジタル行財政改革中間とりまとめ」が公表され、教育現場におけるFAX利用と押印を原則廃止にする方針が発表されました。この変革は2025年度中に全学校で実現する見込みで、教育委員会から学校への文書送付もデジタル化へと移行します。

デジタル行財政改革会議では、デジタル行財政改革を進めるにあたって教育や交通、介護、子育てなどの各分野について議論を重ねました。結果的に、各学校のアナログ業務を根本的に見直し、FAXでのやり取りや手作業に依存した押印などを減らすことを目標としました。

また、この改革の一環として、2025年度中には半数の学校で生成AI技術を校務に活用する計画も含まれています。2024年4月の新学期に向けた事務手続きにおいても、名簿情報のデジタル化を進めるため、2023年末までに関連通知が出される予定です。

2024年2月までには市町村別のデジタル化の進捗状況を公表し、2026年度末までに古いシステムの完全な刷新を目指しています。この政策は教育分野のデジタル化を加速させ、業務効率の向上を目指すものです。長期的には、教育現場の負担軽減と教育品質の向上が期待されています。

介護業界のデジタル化|3年後には介護ロボットが50%普及

政府は20日に小中学校におけるデジタル化推進の方針を固めただけでなく、介護業界のデジタル化を積極的に進める方針も打ち出しました。

この計画によると、3年後には少なくとも50%の介護事業者が、介護ロボットやICT機器を導入することを目標にしています。さらに2040年までには、その割合を90%以上に拡大するとのことです。

岸田首相はこの取り組みに関して、「全国各地でデジタルによる社会変革を実感できるよう、各施策を実施してほしい。国、地方を通じたデジタル人材の確保といった横断的な課題も議論を加速してほしい」と強調しました。この発言は、国と地方自治体が連携してデジタル人材の育成と配置を促進する意向を示しています。

今回の教育現場におけるデジタル化推進について、ネット上では「FAXの廃止をはじめ、各種業務のデジタル化が進むことを期待します」「デジタルでのやりとりは賛成である」「FAXもそうだけど、それ以外の部分もどんどんデジタル化した方がいい」などの賛成意見が多く寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 日本政府と米Appleが合意に達し、2025年春からマイナンバーカードの機能がiPhoneに搭載され…
  2. DMM.comグループの暗号資産交換業者であるDMM Bitcoin社は5日、グループ内から550億…
  3. 「アドラー心理学による子育て 現代社会で重要視される理由」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子育てに関して調べると、必ず出てくるのが「アドラー心理学」。最近、非常に注目されていて、子育てで調…

おすすめ記事

  1. 2024-5-15

    大阪王将のナメクジ大量発生事件 元従業員が偽計業務妨害罪で起訴

    2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  2. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  3. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
ページ上部へ戻る