年末年始の新幹線「のぞみ」が全席指定席 下りは12月29日、上りは1月3日がピーク

2023年12月28日から2024年1月4日にかけて、東海道・山陽新幹線の「のぞみ」が全席指定席化されることが明らかになりました。新型コロナウイルス感染症の影響が一段落し、制限なしで移動できる正月は4年ぶりとなります。

通常、山陽新幹線の「のぞみ」では、1〜3号車が自由席として利用できていましたが、今回の変更により、乗客は予め指定された席にのみ座ることができます。JR東海・西日本によると、今後の年末年始だけでなく、ゴールデンウィークやお盆期間も同様の全席指定席化が実施されるとのことです。

全席指定席化する理由について、JP西日本は公式サイトで「東海道・山陽新幹線の3大ピーク期では、日・時間帯によっては指定席が早い段階で満席になることや、始発駅以外の駅からご乗車の場合には着席や乗車ができないこともありました。また、指定席をご予約いただけなかったお客様には、ホーム等で自由席のご乗車を待つため長い間お並びいただくことや、自由席へのご乗降に時間がかかり列車の遅れが発生することもありました」と説明しています。

指定席の予約状況|下りは12月29日、上りは1月3日がピーク

JR東海が発表した新幹線の指定席予約状況(11日時点)によると、下りは12月29日(金)、上りは1月3日(水)が予約のピークとされています。また、12月29〜30日の各日午前に東京駅を発車する「のぞみ」については、すでにほぼ満席となっているとのことです。

さらに「ひかり」には混雑が見られるため、他の新幹線の使用が推奨されます。いずれにしても、年末年始は混雑が予想されることから、早めに席の予約をすることが求められます。

自由席を強く希望する場合は「ひかり」や「こだま」の利用が選択肢に入りますが、これらは「のぞみ」よりも本数が少なく、停車駅も多いため時間がかかることを考慮しなければなりません。

最終手段として、自由席特急券を購入して「のぞみ」の普通車デッキで立って目的地に向かうことも可能ですが、JRの公式サイトでは「混雑等により、ご希望の列車にご乗車になれない恐れもございます。駅係員の案内に従って、ご乗車ください」と注意喚起されています。

さらに、「自由席特急券などでデッキに乗車する場合、客室内にも入ってよいですか」という質問に対しては、「基本的には普通車デッキでの立席をお願いしているところではございますが、混雑状況により、お客様を客室内の通路にも誘導する場合もございます。その際は、指定席をご利用のお客様のご迷惑とならないよう、ご配慮をお願いします」と回答しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「文学界のニューフェイス、生成AI」(ライタ…
  2. 2019年11月、群馬県の著名な温泉地、草津町が世界的な注目を浴びる出来事がありました。そのきっかけ…
  3. 神奈川県大井町の東名高速で起きたあおり運転による追突事故で、一家4人を死傷させた無職の男性(32)に…

過去よく見られている記事

  1. 2023-4-29

    男女雇用機会均等法違反でアメックスに220万円の賠償命令 育休明けに部下37人が0人に

    米クレジットカード会社のアメリカン・エキスプレスに勤める女性が、男女雇用機会均等法などに違反するとし…
  2. 一般社団法人Colabo 代表・仁藤夢乃氏の裁判

    2024-1-23

    一般社団法人Colabo代表・仁藤夢乃氏「支援を必要とする女性がいる」裁判での弁論(2024年1月23日)

    2024年1月23日14時から、原告である一般社団法人Colabo代表である仁藤夢乃氏から、被告であ…
  3. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る